Googleマップの使い方。現在地の確認、目的地の検索、ストリートビュー。

本日リリースされたGoogle Mapsの基本的な使い方を解説いたします。

20150902_bomber - 4
20150902_bomber - 11


この記事では、「現在地を確認する」「目的地を検索する」「ストリートビューを確認する」の3つを解説します。

この記事をチェックするだけで、とりあえずGoogleマップのかんたんな使い方はおわかりいただけると思います。

さっそく解説に入ります。

Googleマップの使い方まとめはこちらから→ Googleマップの使い方まとめ。おかえり、僕らのGoogleマップ!

現在地を知る方法

20150902_bomber - 1-3
画面右下のマークをタップすることで、リアルな現在地の周辺情報を見ることができます。

このモードでは、自分が今向いてる方向に合わせて地図が回転してくれます。(iPhoneを動かしてみてください)


目的地を検索する方法

20150902_bomber - 3
目的地をアプリ内で探すときは、画面上の検索ウィンドウを使います。

検索ウィンドウに目的地の「施設名」や「住所」、「電話番号」を入力していくと候補が表示されていきます。


20150902_bomber - 4
正しい目的地をタップすると赤いピンが地図に刺さり、目的地がわかります。


20150902_bomber - 5
目的地にピンが刺さったとき、画面下部に目的地詳細情報が表示されます。

このウィンドウを上に引き上げると、目的地周辺のストリートビューや、写真、電話番号などが表示されます。

さらに詳細ウィンドウに表示されている【人マーク】をタップしてみましょう。


現在地から目的地までの車、電車、徒歩での移動方法がさっと案内されます。使いたい移動手段をタップしてみます。

20150902_bomber - 6
20150902_bomber - 7


20150902_bomber - 8
すると、目的地からゴールまでの経路が青い線で案内されます。

この道に沿って移動すれば簡単に目的地まで到着できるのです。


現在地付近のスポットを探す

左下をタップすると、現愛知から近いお店などのスポットが表示されます。カフェやゲームセンターなど様々な場所を教えてくれるので、かなり便利な機能となっています。

20150902_bomber - 9-1
20150902_bomber - 10


「ストリートビュー」で目的地周辺をリアルにチェック

マップにピンを立てたときに表示される「ストリートビュー」では、実際にその場所にいったように風景を確認できます。これがないとダメ、という方もいらっしゃいますね。

20150902_bomber - 11
20150902_bomber - 12


ここで、左下のボタンをタップすると…iPhoneをグリグリと動かすことで見る方向を自由に変更できます。ぜひグリグリしてみてください!

もちろん、グリグリ状態でも画面上の矢印をタップで移動できます。

20150902_bomber - 13
20150902_bomber - 14


20150902_bomber - 15
このグリグリ感がかなりすごくて、かなり自由度があがっています。

上に向ければ空までチェックできますよ。


以上、Googleマップの基本的な使い方でした。

おすすめ iPhone アプリ
Google Maps ・開発: Google, Inc.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 6.7 MB
・バージョン: 1.0


Googleマップ 使い方まとめ

Googleマップの使い方まとめ。おかえり、僕らのGoogleマップ!

▼もう入ってる?▼
無料アプリ

AppBank 全力プッシュ!

オススメ