[iPhone, iPad] 1Password: 定番パスワード管理アプリが劇的に進化!使いやすくなりました!

AppBank の主任です。パスワード管理アプリの定番中の定番、1Password が大幅に進化し、新アプリとして App Store に登場しました。

1Password 1Password


このアプリは Amazon や Gmail などのアカウント・クレジットカード・銀行口座などの情報をまとめて管理できます。

これらの情報は見るだけでなく、活用もできます。例えばウェブサービスのアカウントを登録しておけば、ユーザ名・パスワードを自動入力してくれます。

登録した情報は 256bit AES という方式で暗号化。暗号化済みのデータは iCloud や Dropbox を通じて iPhone/iPad/PC 間で同期できます。

今回は、新しくなった 1Password の使い方の基本編をご紹介します。

動画で1Passwordをチェック

1Passwordの使い方

1Password
初めて 1Password を使う場合とこれまで 1Password を使っていた場合で初期設定が異なります。

今回は初めて 1Password を使う場合をご紹介します。


1Password
アプリを使う際に入力するパスワードを設定します。

このパスワードを復元する方法はないので、忘れないように注意しましょう。


左:設定を終えたら、先ほど設定したマスターパスワードを入力します。
右:【カテゴリー】に移動して【+】をタップして情報を登録しましょう。

1Password
1Password


1Password
登録する情報の種類を選びます。

Gmail などのウェブサービスの情報を登録する時は【ログイン】をタップ。


左:各項目を埋めていきます。
右:パスワードの生成機能もあります。英数字だけでなく、記号も含められます。

1Password
1Password


左:様々な情報を登録すると、カテゴリー毎に分類されて表示されます。
右:検索もできます。

1Password
1Password


左:Gmail の情報を開いたところ。「ウェブサイト」の URL をタップすると…
右:内蔵ブラウザで表示し、登録してあるユーザー名・パスワードを自動入力します。

1Password
1Password


あとは【ログイン】をタップするだけで、ウェブサービスにログインできます。

左:内蔵のウェブブラウザを使うには右下のタブをタップします。
右:自動入力が必要な時は鍵をタップ。

1Password
1Password


1Password
そのウェブページで利用できる、登録済みの情報がリストアップされます。

その中から1つをタップすると、対応する入力欄に登録した情報を自動入力します。


左:設定ではパスワードなどが変更できます。
右:同期に使うサービスの選択・同期の有無も設定できます。

1Password
1Password


iPad版 1Password

iCloud や Dropbox を使って登録した情報を同期していれば、iPad でもすぐに使い始められます。

1Password


まとめ

以前の 1Password と比べるとデザインが洗練され、より使いやすくなりました。コアとなる強力なパスワード管理機能も健在です。

初めて使う方にとっては、日本語表記で分かりやすく、先ほどご紹介した通りに一度、情報を登録・活用して頂ければすぐ手に馴染むと思います。

注意点は、前バージョンの 1Password ユーザーはこの 1Password を使うにはアプリを買い直す必要があること。アップデートでは利用できません。

2012年11月15日以降に旧 1Password を購入したユーザーには、救済策が用意されています。以下のページからお問い合わせ下さい。
1Password 3 Upgrade & Migration Questions

おすすめ iPhone アプリ
1Password ・開発: AgileBits Inc.
・掲載時の価格: ¥700
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 20.5 MB
・バージョン: 4.0.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ