iPhoneのメールアプリで2段階認証を設定済みのGmailと同期する方法

AppBank の主任です。

Gmail アカウントの乗っ取り対策として「2段階認証」を設定すると、そのままの設定では iPhone のメールアプリから Gmail にアクセスできません。

Google リーダー/カレンダー/ドライブなどと連携するアプリも同様です。多くのアプリが Google の2段階認証に未対応だからです。

そこで2段階認証を使いつつ、アプリからも Google にアクセスできるように設定する方法をご紹介します。

今回はタイトルの通り、iPhone のメールアプリで Gmail を使うために必要な設定を行っていきます。

2段階認証の設定方法はこちら→Gmailの乗っ取りを防ぐ「2段階認証」を設定する方法

専用のパスワードを発行する

2段階認証に対応していないアプリには、そのアプリ専用のパスワードを発行できます。

このパスワードと従来から使っているユーザー ID(○○○@gmail.comなど)を組み合わせれば、2段階認証を使いながらアプリからも Google にアクセスできます。

まず PC のブラウザから Google/Gmail にログインします。右上のメニューを開き、【アカウント】をクリック。

2段階認証


【セキュリティ】をクリック。

2段階認証


「2段階認証プロセス」の【編集】をクリックします。

2段階認証


【アプリケーション固有のパスワードの管理】をクリック。

2段階認証


「名前」に使うアプリの名前を入れます。例えば「iPhoneのメールアプリ」とし、【パスワードを生成】をクリック

2段階認証


メールアプリ専用のパスワードが表示されます。これを iPhone に入力します。

2段階認証


メールアプリの設定を変える

左:設定アプリを開きます。
右:【メール/連絡先/カレンダー】をタップ。

2段階認証 2段階認証


左:「アカウント」から Gmail を選びます。
右:【アカウント】をタップ。

2段階認証
2段階認証


2段階認証
「パスワード」をタップして、PC のブラウザに表示されているパスワードを入力します。

最後に【完了】をタップ。


入力したパスワードに誤りがなければ前の画面に戻ります。最後にメールアプリを開き、Gmail のメールが表示されるかを確認しましょう。

新しくGmailをiPhoneに登録する場合

以下の記事でご紹介している方法で Gmail アカウントを iPhone に登録しましょう。
メールアドレスの設定方法。@gmail.com編。

ただし、パスワードはこれまでにご紹介した方法で生成したものを登録します。

機種変・復元後にパスワードを要求されたら…

何かのきっかけで「パスワードが誤っている」と表示されるようになったら、これまでにご紹介した方法で新しいパスワードを生成し、設定しましょう。

生成したパスワードは他のアプリ・設定はもちろん、同じアプリでも2度は使えません。以前作成したパスワードを確認する方法もありません。

設定した後は古いパスワードを無効にします。【無効にする】をクリックすれば、そのパスワードは無効となり、削除されます。

2段階認証


関連記事

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
PSPで大ヒットした『勇なま』シリーズの最新作がスマホに登場!『勇者のくせにこなまいきだDASH!』でも勇者を倒す世界観はそのままだぞ。事前登録者して、カラフルな魔物を手に入れよう。

勇者のくせにこなまいきだDASH!

オススメ