Sooner: 円グラフで予定・ToDoを管理しよう!新感覚のカレンダーアプリ。

AppBank の主任です。使ってみると意外と合理的かも…と思えるカレンダーアプリ Sooner をご紹介します。

Sooner Sooner


このアプリの特徴は「円グラフ」。予定の長さがひとめで分かりますし、ぐるぐると回せば前日・翌日の予定も切れ目なくチェックできます。

ToDo の管理にも対応。登録した ToDo を予定として円グラフに組み込めるので、予定と ToDo との連携もバッチリ!

円グラフの外側には日付が並び、タップすればその日の予定を表示。1週間単位で予定・ToDo を管理したい時にもピッタリなアプリです。

動画でSoonerをチェック

ToDoを管理する

Sooner
グループで ToDo を分類できます。

グループを追加するには円グラフの縁をタップします。


左:【+】をタップしたまま動かし、グループの上で指を離すと…
右:そのグループに ToDo を追加できます。

Sooner
Sooner


左:締切を指定したり…
右:通知の日時も指定できます。

Sooner
Sooner


Sooner
通知の日時を指定すると、ToDo がその日時に予定として追加されます。

色が付いているのでひとめで分かります。


予定を管理する

左:ToDo 画面の右上にあるボタンをタップすると…
右:予定画面に移ります。

Sooner
Sooner


左:【+】を外側に引っ張って指を離すとそこに予定を追加します。
右:日本語キーボード未対応なので入力欄は隠れますが、日本語の予定は追加できます。

Sooner
Sooner


Sooner
開始/終了時刻をタップすると1分刻みで調整できます。


Sooner
標準のカレンダーアプリと同じように「繰り返し」「通知」も設定できます。


Sooner
予定が重なると、一番最後に追加した予定が前になります。

その後ろにある予定は薄く表示されます。


設定

Sooner
【Calendar Sync】をオンにすれば、標準のカレンダーアプリと予定を同期できますが、試験中の機能なため、動作が不安定な場合があります。

小生が試した限りでは同期できました。


主任的総括:空き時間の見やすさは抜群!4インチ未対応が惜しい

予定が重なると見づらくなりますが、円グラフを埋めるように予定を調整することで1日を効率良く過ごせそうです。

ToDo 管理機能との連携で、ToDo を実行する時間も確認・確保しやすく、ToDo を登録したけどやり忘れた…なんてことも防げます。

カレンダーアプリは表示領域の大きさが重要なので、iPhone 5 の液晶サイズに未対応なのが惜しいところです。

おすすめ iPhone アプリ
Sooner: to do list & weekly planner ・開発: SMS Services O.o.o.
・掲載時の価格: ¥170
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 19.2 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!