iPhone 5Sの初期出荷台数は400万台以下? 指紋センサーに問題か。

AppBank の主任です。

以前にも「iPhone 5S の初期出荷台数は少ない」というニュースをご紹介しましたが、Digitimes が新たな情報を報じています。

記事によると、2013年7-9月期の iPhone 5S の生産数は当初の予定よりも大幅に少なくなり、初期出荷台数が減るとしています。

一方、2013年10-12月期は 2,800〜3,000万台を生産できるようです。

情報源は「業界の情報提供者」となっており、詳細は不明です。しかし、生産を担当する企業・具体的な数字が明らかになっています。

なぜ初期出荷台数が少なくなるのか?

もともと iPhone 5S は7-9月期で1,000万台を生産・出荷する予定だったものの、指紋センサーに関するいくつかの問題が起きたようです。

これにより、生産・出荷数は300〜400万台に落ち込むと Digitimes は伝えています。

なお、記事では指紋センサーに利用するチップは台湾の TSMC が製造を行い、同じく台湾の Xintec がパッケージングを行うとしています。

遅延の原因は、iOS 7 とチップの連携に問題が生じたこと・Xintec が担当するパッケージングの歩留まりが低いことの2つがあるようです。

すでに Apple と TSMC のエンジニアはこの問題に対応しており、チップの大量生産が始まるのは8月末になるとしています。

9to5Mac は、過去にティム・クック CEO の発言を取り上げ、部品メーカー発の噂から Apple の計画を特定することは難しいとしています。

1カ国あたり約44.4万台?

iPhone 5 は9月21日に発売されましたが、当初購入できたのはアメリカ・オーストラリア・カナダ・フランス・ドイツ・香港・日本・シンガポール・イギリスでした。

iPhone 5S の場合も同様に9カ国から販売が始まるとすれば、1カ国あたり約44.4万台の iPhone が割り当てられると考えられます。

ただ、その国での iPhone のシェア・予約状況を見て割り振られる数は調整されると思われるので、必ずしも400万台を等分するとは限りません。

事実ならiPhone 5の記録突破が困難に

iPhone 5 は発売から3日間で500万台を販売しました。これは先ほど挙げた9カ国での販売数を合計した数です。

Digitimes の報道が正しければ、前回の記録を突破できるペースで販売できるとしても、在庫不足から記録を突破することが難しくなりそうです。

記録を突破できなければ「Apple 人気に黄信号が灯る」といった観測が出る可能性もあり、iPhone 5S の発売後はこの点にも注目したいところです。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!