iPhone 5SとiPhone 5Cはこうなる?これまでの噂とリークから予想する。

AppBank の主任です。

9月11日(日本時間)のイベントまであと数日。このイベントでは iPhone 5S と iPhone 5C が発表されると噂されています。

気になるのは iPhone の外観のみならず、そのスペックです。例えば指紋センサーの有無・カメラの画素数・容量・処理能力など、枚挙に事欠きません。

そこで今回はこれまでの噂を元に、イベントで発表されるはずの iPhone 5S・iPhone 5C の2機種の外観・スペックを考えます。

iPhone 5S・iPhone 5C の噂・リーク情報一覧はこちら。

iPhone 5S

iPhone 5 と大きく異なるのは「カラーバリエーション」「容量」「プロセッサ」「指紋センサー」「LED フラッシュ」です。

デザイン・カラーバリエーション

ボディのデザイン・素材は iPhone 5 とほぼ同じと見られていますが、カラーバリエーションは大きく変わるかもしれません。

現在確認されている色は「ホワイト&シャンパンゴールド」(中央)と「ブラック&グラファイト」(右端)・「ホワイト&シルバー」です。

現在の iPhone 5 にある「ブラック&スレート」(左端)の iPhone 5S 用パーツは確認されていません。

iPhone 5S


iPhone 5S Graphite First Look, iPad Mini 2 Unboxing Review – YouTube より)

以前報じられた、試作機とされる iPhone 5S のカラーは「ブラック&スレート」でしたが、その後、同色の背面パーツはリークされていません。

iPhone 5S


(画像引用元:Apple’s iPhone 5S Revealed in New Photos – Mac Rumors

多くのニュースサイトは従来の「ホワイト&シルバー」「ブラック&スレート」に加え、「ホワイト&シャンパンゴールド」が追加されて3色になると予想しています。

「ブラック&グラファイト」は「ブラック&スレート」のエラー品ではないか、との意見もあります。

容量

128GB モデルが新たに登場すると証券会社が予測しています。

これが正しいとすれば、現在販売中の第4世代 iPad と同じように 16/32/64/128GB から選べるようになると思われます。

カメラ・フラッシュ

カメラの画素数は iPhone 5 と同じ「800万画素」説と「1,200万画素」説があるものの、現時点では800万画素になる可能性が高いようです。

レンズの絞り値が「2.4」から「2.0」になるとの噂もあります。これにより、手ブレが少なくなりそうです。

既に流出しているパーツから考えると LED フラッシュは2個搭載され、暗所での撮影能力が向上すると思われます。

(写真は iPhone 5S の試作機とされるもの)

iPhone 5S


(画像引用元:Photo Depicting iPhone 5S Camera Module Hints at Separate Dual-LED Flash Component – Mac Rumors

指紋センサー

昨年7月に Apple が指紋認証に関する企業を買収していること・ベータ版 iOS 7 に指紋センサーに関する記載が一時期あったことから、搭載される可能性は高いとされています。

機能は「iPhone のロック解除」が有力とされています。

指紋センサーを搭載できると見られる、ホームボタンのパーツも報じられています。

iPhone 5S


(画像引用元:iPhone 5S : Une photo du bouton Home avec lecteur d'empreintes digitales ?! – Nowhereelse.fr)

プロセッサ・メモリなど

「A7」プロセッサが搭載されると見られています。A7 は、iPhone 5 に搭載されている「A6」プロセッサよりも処理速度が 31% 速いと報じられています。

ベータ版 iOS 7 に含まれるファイルからも、A7 に関する記述が見つかっているほか、iPhone 5S の試作機とされるものには A7 プロセッサが搭載されているようです。

iPhone 5S


(画像引用元:Apple’s iPhone 5S Revealed in New Photos – Mac Rumors

メモリは iPhone 5 と同じ「1GB」と噂されています。増量されないのは iOS 7 でメモリの使い方が改善されるからだと考えられています。

メモリとデータをやり取りする速度を向上させるため、最大 800MHz の LPDDR3 になるとされています。iPhone 5 は LPDDR2 で最大 533MHz です。

通信技術

iPhone 5 とほぼ同じと見られていますが、より高速に通信できる Wi-Fi の通信規格 802.11ac に対応する可能性があります。

最大 150Mbps で通信できる LTE-Advanced に対応するとの噂もありますが、現時点で対応している携帯電話事業者が少ないことが採用の障害となりそうです。

中国最大の携帯電話事業者 China Mobile に対応するため、年内に基地局運用の免許が発行される見通しの TDD-LTE に対応するとの見方もあります。

液晶・バッテリ

IGZO 液晶を搭載するとの噂もありましたが、続報はありません。リーク写真とされるものからは iPhone 5 と同じ技術で液晶が製造されているようです。

解像度・サイズに関しても iPhone 5 と同じようです。

iPhone 5S


(画像引用元:iPhone 5S Display Assembly Surfaces, Appears to Fit Leaked Logic Board – Mac Rumors

バッテリはわずかに増えると見られています。試作機とされるものを見る限り、バッテリ容量は iPhone 5 の5.45Whr から 5.92Whr に増えています。

これが原因で重量がわずかに増える可能性も指摘されています。

本体価格

販売価格に関して多くの情報はありませんが、アメリカでは600〜700ドル(約5万9,700円〜6万9,700円)になるのではないかと予想されています。

現在の iPhone 5 の本体価格は649ドル(約6万4,600円)です。

日本国内で販売される場合には、「実質0円」となる料金プランが設けられるものと思われます。

iPhone 5C

中身は iPhone 5 相当ですが、外観は大きく異なる iPhone になると見られています。

デザイン・カラー

素材はポリカーボネート、あるいはポリカーボネートとグラスファイバーの複合材と見られています。

縦・横の大きさは iPhone 5 とほぼ同じと考えられていますが、厚みは iPhone 5 よりも厚くなるようです。

「イエロー」「グリーン」「ホワイト」「ブルー」「レッド(ピンク?)」の5色が発表・発売されると噂されています。

pauls08279to5 - 1


(画像引用元:Poll: Which iPhone 5S/5C color would you choose? | 9to5Mac

容量

16/32/64GB モデルが用意されるとの噂があります。

一方で iPhone 5S との差別化・製造コスト削減を図るため、16GB のみになる可能性も指摘されています。

カメラ・フラッシュ

カメラは iPhone 5 と同じ「800万画素」になる可能性が高いようです。

廉価版iPhone


(画像引用元:仅800万 苹果iPhone5C摄像头曝光-IT168 手机专区

フラッシュは iPhone 5 と同じ、1個の LED フラッシュが搭載されると見られます。

廉価版iPhone


(画像引用元:Gallery: White iPhone 5C Back Housing | SonnyDickson

プロセッサ・メモリ・液晶

iPhone 5 と同じ「A6」プロセッサが搭載されると見られています。

システムメモリの容量は不明ですが、iPhone 5 と同じ 1GB になり、速度は iPhone 5S のように向上はしないものと思われます。

液晶ディスプレイも iPhone 5 とほぼ同じ仕様になると考えられています。

通信技術

3G・LTE に対応するほか、Wi-Fi は 802.11a/b/g/n に対応すると見られています。

iPhone 5S と同様、TDD-LTE に対応することで China Mobile でも利用できるモデルが登場するのではないか、との予想もあります。

本体価格

予想されている価格は400〜500ドル(約3万9,800円〜4万9,700円)で、iPhone 5S の予想価格に比べると 200ドル(約1万9,900円)安い設定になります。

参考

バックナンバー

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ