【iOS 7】iPhoneの盗難・転売が防げるセキュリティ強化された「iPhoneを探す」

find7 - 1
iPhoneを失くしてしまったとき、他のiPhoneやiPad、ブラウザからiPhoneを見つけられる機能があります。

それが「iPhoneを探す」です。この機能を使うために、アプリ「iPhoneを探す」をダウンロードしましょう。


iOS 7では、「iPhoneを探す」のセキュリティ面が強化されています。

以前は、落としてしまったiPhoneのデータを削除すると、落としたiPhoneを探すのが大変になるという問題がありました。これが、iPhoneのデータを削除しつつ、「私のiPhoneを返して」というメッセージが送れるようになりました。

さらに、iPhoneを拾った人が「iPhoneを探す」について知っていると、以前は容易に「iPhoneを探す」機能をオフにすることができました。これが、連携を切るにはAppleIDとパスワードが必要になりました。

具体的にどんな時にで、どのように操作するのか詳しくみていきます。

iOS 7の使い方まとめ記事はこちら→【iOS 7まとめ】デザインや使い心地が一新されたiOS 7の使い方まとめ!

iPhone・iPadを落としてしまった!中身をみられたらマズイ

iPhone・iPadを落としてしまった!

そんな時、まずは「iPhoneを探す」を起動して、落とした場所を特定しましょう。

find7 - 2
find7 - 3


find7 - 4
次に、中身を見られないように、落としたiPhone(or iPad)のデータを遠隔操作で削除しましょう。

【iPhoneを消去】(【iPadを消去】)をタップすれば、インターネットにつながっているiPhoneであれば、即時iPhoneの中のデータを削除できます。

手元に戻ってきたら、あなたのパソコンやiCloudに保存しているバックアップから復元すればOKです。


データ削除したら警告音やメッセージを鳴らそう

iPhoneのデータを遠隔操作で削除したら、次はそのiPhoneに「警告音」を鳴らさせたり、メッセージを届けましょう。【サウンドを再生】で警告音が、【紛失モード】を使えばメッセージを届けることができます。

find7 - 4
find7 - 6


悪い人があなたのiPhoneを乗っ取ろうとしても大丈夫

find7 - 7
パスコードを設定していないiPhoneだったり、パスコードを当てられてしまったら【iPhoneを探す】をオフにされてしまう可能性がありました。

オフにされてしまうと、もうiPhoneを探しだすことはできません。


find7 - 8
でも、iOS 7からは設定から【iCloud】の【iPhoneを探す】をオフにしようとするとAppleIDとパスワードが必要になりました。


iPhoneを失くしてしまったときに探せる便利な機能の、セキュリティが強化されました。いざというときのために、【iPhoneを探す】をご活用ください。

おすすめ iPhone アプリ
iPhoneを探す ・開発: iTunes K.K.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 17.5 MB
・バージョン: 2.0.3

iOS 7の使い方まとめページ

【iOS 7まとめ】デザインや使い心地が一新されたiOS 7の使い方まとめ!

このアプリはAppBankの神アプリに選ばれました!

▼iPhone神アプリをチェック▼
iPhone 神アプリ

(2014年3月3日選出)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ