iPhoneとWin版Chrome/Firefox/IEのブックマークを同期する方法。

AppBank の主任です。

ついに iCloud コントロールパネルを使って、iPhone・Mac 版 Safari と Windows 版 Chrome・Firefox のブックマークを同期できるようになりました。

iCloud


もちろんこれまで通り、Internet Explorer にも対応しています。

今回は Windows 版 Chrome・Firefox・Internet Explorer と iPhone の Safari のブックマークを同期する方法をご紹介します。

最新版のiCloudコントロールパネルが必要

今回ご紹介する機能を利用するには、最新版の iCloud コントロールパネルが必要です。

Windows PC にインストールしていない場合は、以下の Apple のウェブページからダウンロードできます。

Windows 用 iCloud コントロールパネル 3.0 – Apple

iTunes をインストール済みであれば、iCloud コントロールパネルもインストールされているはずです。その場合は「Apple Software Update」で更新します。

Apple Software Update はスタートメニューから起動することができます。

Windows PCを設定する

スタートメニューから Windows のコントロールパネルを開いて、次に【iCloud】を開きます。

iCloud


iPhone に登録済みの iCloud アカウント(Apple ID)でログインします。

iCloud


ログインできたら(1)「ブックマーク」にチェックを入れて(2)【適用】ボタンをクリックします。【オプション】でブックマークを同期するブラウザも選べます。

iCloud


対応しているのは下記の3つのブラウザです。

iCloud


ブックマークの同期が始まると、データを統合するかを尋ねられます。

iCloud


今回のように Chrome と同期する場合、Chrome に専用の拡張機能をインストールする必要があります。【ダウンロード…】をクリックすると…

iCloud


Chrome ウェブストアが表示されます。

iCloud


作成者などを確認した上で、右上の【+ 無料】をクリックします。

iCloud


拡張機能が求める権限を確認し、問題がなければ【追加】をクリック。

iCloud


インストールが完了すると、このような画面に切り替わります。

iCloud


ここで確認すべきことは2つ。ボタンが【CHROME に追加済み】になっていること・右上に iCloud のボタンが追加されていることです。

iCloud


複数のブラウザとブックマークを同期する際の注意点

例えば Chrome・Firefox とブックマークを同期する場合、Chrome と Firefox のブックマークは統合されます。

その結果、Chrome のブックマークは Firefox に、Firefox のブックマークは Chrome に追加されてしまいます。

ブラウザを使い分けているなどの場合は、設定・使い方に注意が必要です。

iPhoneの設定を確認する

左:設定アプリを開きます。
右:【iCloud】をタップ。

iCloud
iCloud


左:「Safari」をオンにします。
右:ブックマークのデータが結合されます。

iCloud
iCloud


iCloud
最後に Safari を開き、PC とブックマークが同期できているかを確認しましょう。


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ