iPad Airって単にiPad mini Retina Bigのことだよね。ということはiPad miniでいいじゃん。

iPad Airに沸いている中であえて言わせていただきます。
今回の本命はiPad miniだと!

iPad 5

9.7インチのサイズであの薄さと軽さのiPad Airはとても魅力的です。実際、AppBankでもiPad mini派からfanさんが寝返るという事件が起きました。

でも私は思います。「薄く軽くなって持ちやすくなった」というのはiPad miniと売りがかぶっているんですよ。

そういう見方をするなら我々iPad mini派にとってiPad Airは「でかくて重くなったiPad mini」。つまり、iPad mini Retina Big…小ささがウリのものにBigついたら余計ですね。

そう、我々が選ぶべきはiPad mini。
その魅力を今から語りましょう。

iPad miniは軽い!

当たり前といえば当たり前ですが、iPad mini Retinaの重さは331g。初代 iPad mini より23g重くなっていますが、圧倒的に軽いことに変わりありません。

iPad Airがいくら軽くなったと言っても469g。
iPhone 5c 1台以上分も重いのです。

iPhone 5c kaihunogi - 5

最初は軽く感じても、長時間持っているとやっぱり重みを感じてしまいます。
片手で持って片手で操作するような使い方は厳しい。

ですが、iPad miniならば片手持ちでも十分使えます。

iPad miniはちょうどいいサイズ!

iPad Airの9.7インチのでかい画面は正直魅力的です。

が、大きいということは当然場所もとるということ。iPad miniが入る鞄のポケットに、iPad Airは入りませんよね。

pauls1101ipadair - 4

正直、あの大きさは取り出すときも場所を選んでしまいます。

その点、iPad miniの大きさは持ち運びにも最適なのです。この意見、iPad miniを使い続けていた方なら同意してくださると思います。

iPad Airは画面解像度が粗すぎる!

その昔、iPhone 4がRetinaディスプレイを搭載したとき「人間の網膜が識別できる300ppi(1インチ中に存在する画面の点の数)を超えているから」という説明がされました。

確かに美しいiPad Airの画面ですが、そう考えると264ppiで少し粗すぎる気がします。

pauls1101ipadair - 1

それに比べるとiPad miniは341ppi。

私が印刷物を作っていたとき、最適350dpi(1インチ中に存在する点の数で、荒く言ってしまうとppiと似たような単位)でした。
iPad miniで見る電子書籍はまさに「印刷と同じ」。

Appleが最初にRetinaを発表した時の哲学を貫いた、本物のRetina。
画面の美しさは断然iPad miniなんです。

そうだ、miniを買おう

ということで「画面が大きい」以外の点ではiPad miniが優っていることを理解していただけたと思います。それでいて1万円もiPad Airより安い!

映画で細かい字幕を見たい、見開きで漫画を読みたいなどの用途では確かにiPad Airに道を譲ることがありますが、画面が美しく、携帯性に優れ、持っても疲れないというメリットは絶大。

iPad miniを待っていた皆さん、軽さや持ちやすさで見るならiPad Airなんて「iPad mini Retina Big」でしかありません。「なんとなくAirがすごい」空気に流されて本来欲しかった「軽さ・小ささ」を見失ってはいけませんよ!

大画面が欲しいあなたは…iPad AirでOKです。

iPad Airのまとめ記事

iPad Air まとめ。性能、使用感、最適のアプリまで完全網羅!

iPad Air用アクセサリのまとめ

[予約受付中] iPad Airのアクセサリまとめページ。iPad購入の前に用意しちゃいましょう!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ