「iPhone 6」の金属フレームが流出? イヤホンジャックが再び上に移動?

C科技が「iPhone 6 の金属フレーム」とする写真を、中国版 Twitter のWeibo に投稿して話題を呼んでいます。

iPhone 6


(画像引用元:Mac Rumors)

写真を投稿した「C科技」は発表前に iPhone 5s のパッケージを公開するなど、ときおり信頼性が高い情報を扱うメディアとして注目されています。

C科技は iPhone 6 は 4.7インチの液晶を搭載すると主張しているようです。iPhone 大型化については以前から噂がありました

ただ、今回 C科技が掲載した写真については、Apple の噂を扱う 9to5Mac・Mac Rumors が共に否定的な意見を述べています。

どういった点が「iPhone のパーツではない」と判断する基準になったのでしょうか?

9to5Macの見解

以下の2点を理由に、9to5Mac は否定的な意見を述べています。

  • 今年後半に発売されるはずなのにフレームの作りが荒い
  • 9to5Macではこれが本物か否かを確かめられない

Mac Rumorsの見解

Mac Rumors も金属フレームの仕上がりが荒いことを指摘していますが、より具体的に iPhone 6 のパーツではない可能性を検討しています。

写真のパーツはミッドフレームか

Mac Rumors は、写真の金属フレームは両側にパーツを搭載する「ミッドフレーム」のように見えるとしています。

こうした構造は iPhone 4/4s で採用されていましたが、iPhone 5 では廃止。側面・背面を1つのパーツで構成するユニボディ構造になっています。

(写真は iPhone 5s)

iPhone 5s kaihunogi - 6


この構造が厚みの軽減に貢献しているため、ミッドフレームが必要となる構造に戻ることは考えにくい、と Mac Rumors は指摘しています。

イヤホンジャックの位置

この金属フレームは、カメラレンズが入ると思われる場所からイヤホンジャックが上部に設けられると考えられています。

iPhone 6


(画像引用元は BGR、注釈は筆者によるもの)

Mac Rumors は、iPhone 5 からイヤホンジャックは下部に移ったが、この設計変更のおかげでイヤホンのケーブルが画面の邪魔にならなくなった、と指摘。

そのために iPhone 6 でこうした設計が変更されるとは考えにくいと主張しています。その一方でイヤホンジャックが再び上部に戻る可能性は否定していません。

今後、信頼できる情報筋から同じようなパーツがリークされるか否かに注目です。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!