Apple、iPhoneの置き方でコントロールする無線充電パッドの特許取得。

現地時間2月4日に、Apple はワイヤレス充電パッドに関する特許を取得しました。

特許


(画像引用元:USPTO)

「充電パッド」はワイヤレス充電に対応したデバイスを置くことで、それを充電できる板状の装置。すでに様々な商品が登場しています。

今回 Apple が取得した特許では、iPhone の置き方で充電・同期といった機能をコントロールできる点が特徴です。

さらに Apple は、iPhone を置くと同期できるパッドをノート PC に内蔵することも考案しています。

iPhoneの置き方でコントロール?

特許によれば、充電パッドにはセンサーが内蔵されており、これで iPhone がどのように置かれているのかを検知するようです。

例えば、ディスプレイを上にして置いた場合は同期と充電を行い、ディスプレイを下にして置いた場合は充電のみを行う、といった具合です。

特許


(画像引用元:USPTO)

さらに iPhone の側面を下にして置けば iPhone の診断を行う、といった機能も考案されています。

特許


(画像引用元:USPTO)

加えて、充電パッドを経由、あるいはパッドに置いたことをきっかけに Wi-Fi などを使って iPhone とオーディオ機器などが接続されることも考案されています。

特許


(画像引用元:USPTO)

例えば、帰宅後に iPhone を充電パッドに置いただけで充電・同期が行われ、同時にリビングの AirPlay 対応スピーカーと接続して音楽を再生する…といった事ができるようになるかもしれません。

ノートPCに同期が行えるパッドを内蔵?

Apple は特許の中で、PC と同期が行えるパッド、正確にはドッキング・ステーションを内蔵することにも触れています。

例えば MacBook のパームレスト部分に iPhone を置くと、Wi-Fi や Bluetooth 経由で iTunes・iPhoto との同期が行われる、というものが考えられます。

Wi-Fi を使った iTunes との同期はすでに利用できるので、iPhone を置いたことを検知させる方法さえあれば実現できる仕組みです。

実現されれば iTunes との同期がより簡単になりそうです。

ただし、Apple は申請・取得した特許をすべて自社製品に活用している訳ではなく、この特許も日の目を見ない可能性があります。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!