Jot Touch with Pixelpoint: Adobeとコラボした極細ペン先タッチペン! 筆圧感知あり!!

Jotが今度はAdobeとコラボしてすごいタッチペン『Jot Touch with Pixelpoint』を出しました!

jottouch - 01


ペン先わずか3.18ミリ!筆圧を感知して線の太さや濃さを変えられる!Jotシリーズに、また新しいすごいタッチペンが登場です。

Jot Touch with Pixelpointは、パソコン用ソフトで有名な『Illustrator』や『Photoshop』を出している『Adobe』とコラボしています!
Adobe Creative Cloudと連携し、よりスムーズで快適に描けるようになるとのことです。

サンプルのペンをさっそく入手したので、書き心地をレポートします!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

Jot Touch with pixelpointの書き心地紹介動画

点で接する極細ペン先!

本当に細いペン先です。タッチペンであることを忘れるくらいです。

jottouch - 02


ペン先はわずか3.18ミリ!まさに「点で接するタッチペン」です。

jottouch - 03


円盤のついたJotシリーズと比較してみました。
円盤のついたタイプは、円盤との接続部分が細くなっています。この部分と比較してもよいくらい、3.18ミリは細いです。

jottouch - 04


ペン先が細いだけじゃなく、筆圧感知機能もあります。感知してくれる筆圧レベルは2,048段階!
自然な力加減で、線の強弱や色の濃さをコントロールできます。

jottouch - 05


ペンのグリップには、お絵かきするときに便利なショートカットボタンが2つ付いています。

jottouch - 06


アプリ『Adobe Ideas』で使ってみる

Adobeコラボということで、もちろんアプリ『Adobe Ideas』にも対応しています。アプリを起動して、右上の【ペン】マークをタッチすれば設定できます。

jottouch - 07


ショートカットボタンA(ペン先側)を押すと、ペンの種類、色、透明度、太さを選べるサブメニューが表示されます。
ショートカットボタンB(ペン尻側)は、Undoボタンになります。

jottouch - 08


Adobe Ideasでは、筆圧感知機能を使って線の太さに強弱を付けられます。細かい筆圧の違いを検知してくれるので、線の太さを手動で何度も切り替えずに絵を描けます。

jottouch - 09


アプリ『ZenBrush』ではパームリジェクション対応

水墨画のように描けるアプリ『ZenBrush』では、iPadに手をついても反応しない【パームリジェクション】に対応しています。

jottouch - 10


iPadに手を置いたまま文字が書けるので、大きな文字だけじゃなく小さな文字も書けます。

jottouch - 11


Procreate』や『Inkist』などの有名なお絵かきアプリも対応しています。

磁石でつくUSB充電

Jot Touchの充電は、付属のUSBチャージャーを使います。チャージャーにペン尻を近づけると、マグネットでピタッとくっつきます。

jottouch - 12


1回の充電で約8時間、連続動作可能です。

大満足のタッチペン!

対応アプリと新しいJot Touchで、お絵かきの世界が無限大に広がります!細いペン先と精度の高い筆圧感知で、しっかり書き込めるタッチペンでした。

jottouch - 13


今回紹介したブラック以外にホワイトもあります。→Jot Touch with Pixelpoint White

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

快適なお絵かきをサポートするアクセサリ

twelve-south-stand05
しっかり支えてくれる三脚スタンドです。

折りたたみ式多機能スタンド Twelve South Compass2 シルバー iPad


ipadfilm
iPadの液晶を守る保護フィルムです。iPadのクリアな画面を保つクリスタルタイプがオススメ!

【10%OFF】【在庫限り】AFPクリスタルフィルム set for iPad Air


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ