iPhone 6 と iPhone 6 Plusは1.4〜2.0A出力に対応か。12W充電器なら充電時間の短縮も可能?

iPhone 6 と iPhone 6 Plus は、iPhone 5s に比べて高いアンペアに対応しているようです。

USB電源アダプタ


(画像:Apple Online Store)

ニュースサイト『Macお宝鑑定団』が、iPhone 6 は最大で 1.4A 出力、iPhone 6 Plus は最大で 2.0A 出力に対応していると報じています。これに対し、iPhone 5s は最大で 1A 出力に対応しているそうです。

この情報が正しければ、Apple 純正の 12W USB 電源アダプタで iPhone 6 や iPhone 6 Plus を充電すると、100% 充電までの時間を短縮できそうです。

なぜかというと、iPhone 6 と iPhone 6 Plus に付属する USB 充電器は 5V で最大 1A 出力ですが、12W USB 電源アダプタは 5.2V で最大 2.4 A 出力だからです。アンペア(A)は流れる電気の量を表しており、同じ電圧(V)の場合、アンペアが高いほど供給できる電気が多いことになります。

Apple Online Store によると、12W USB 電源アダプタは iPhone 6 と iPhone 6 Plus にも対応しています。充電器を追加する予定がある方は要チェックです。

Apple 12W USB電源アダプタ – Apple Store (Japan)

Macお宝鑑定団の記事では、iPhone 6 と iPhone 6 Plus の充電の仕様が詳しく分析されています。ぜひご覧ください。

iPhone 6は最大1.4A出力、iPhone 6 Plus は最大2.0A出力に対応 | iPhone | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ