iPhoneのデータをSDカードに保存する方法

※この記事で紹介しているアクセサリーは旧モデルです。記事内の商品リンクは現行モデルに変更してあります。

データ移行がカンタンにできるSDカードリーダーを使ってみましょう。

sdcard - 01


Wi-Fi SDカードリーダー』は、「iPhone→SDカード」「SDカード→iPhone」といったデータの移行ができるアイテムです。iPhoneの容量がいっぱいになってしまっても、SDカードに移しておけば、またデータ容量に空きができますよね。

「でもデータの移行って面倒くさくない?難しそう・・・。」

いいえ、そんなことないですよ。Wi-Fi SDカードリーダーを使って、iPhoneのデータをSDカードに移してみましょう。

▼Wi-Fi SDカードリーダーをチェック▼

まずはアプリをダウンロード

Wi-Fi SDカードリーダーを使うには専用のアプリが必要です。まずは『WiDrawer』をダウンロードしましょう。

専用アプリ→WiDrawer

sdcard - 02


専用アプリをダウンロードしたら、Wi-Fi SDカードリーダーにSDカードを挿入しましょう。

sdcard - 03


最初だけWi-Fi設定が必要です

Wi-Fi SDカードリーダーを初めて使うときは、1度だけWi-Fi設定が必要です。iPhoneの【設定】のなかの【Wi-Fi】をオンにして、【WiDrawer-****】を選択。

sdcard - 05


sdcard - 06
そのあとパスワード【11111111】を入力すればOKです。

このパスワード入力が必要になるのは最初の1度だけ。1回設定してしまえば、次からすぐに使えますよ。


SDカードに移行しよう

設定が終了したら、さっそくiPhoneのデータをSDカードに移してみます。

今回は「iPhone→SDカード」へデータを移すので【My Device】をタップしたあとにiPhoneのPhotoフォルダを選択します。

iPhoneに保存されている写真がズラリ。

sdcard - 17
sdcard - 09


SDカードに移したい写真を選択して、下部にある【アップロード】をタップしましょう。

これでOK、転送開始です。SDカードにどんどんデータが移っていきますよ。データの大きさにもよりますが、画像5枚分だとだいたい数十秒で転送できました。

sdcard - 10
sdcard - 15


設定さえしっかりとできていれば、アプリの操作はとてもカンタンです。データ移行って意外とラクにできるんですよ。

1台あれば家族みんなで使えます

SDカードを複数用意すれば、家族みんなのデータバックアップが可能です。1台のWi-Fi SDカードリーダーをみんなで使えるってお得ですね!

sdcard - 19


PCで確認も

SDカードをPCに挿せば、保存した写真をPCでも確認できます。

また、PCのデータをSDカードに保存して、iPhoneに転送させることもできますよ。データの移行ってカンタンですね。

sdcard - 16


iPhoneの容量がいっぱいになっている方、または、外部メモリを使ってデータのやり取りがしたい方はWi-Fi SDカードリーダーを使いましょう。

▼Wi-Fi SDカードリーダーをチェック▼

iPhoneで使える外付けメモリもあります


【AppBank Store特集】iPhoneをPCレスでバックアップしよう


アクセサリーのまとめはこちらから!

他のiPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーなどをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

アクセサリーまとめ! どんどん追加中!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ