iPhone 6sの新カラーに変化か。気になるカメラの出っ張りはどうなる?

ローズゴールドのiPhoneが登場するのでしょうか?

iPhone 6s


(画像:9to5Mac

台湾のウェブサイト『SOGI』によると、『Twitter』や中国版Twitterの『weibo』にiPhone 6sのスペックに関する情報が投稿されました。その出処はiPhoneの製造を担う企業『Foxconn』の社員とされています。

それによると、iPhone 6sではiSightカメラ・FaceTimeカメラの両方が強化され、「ピンク」系のカラーが追加されるとしています。

詳しく見ていきましょう。

カメラは画素数を向上

前面側にあるFaceTimeカメラは500万画素、後ろ側にあるiSightカメラは1,200万画素になるとしています。iPhone 6はFaceTimeカメラが120万画素、iSightカメラが800万画素です。

さらに4Kビデオの撮影が可能になり、ビデオ撮影中のバースト写真撮影も行えるとしています。

感圧タッチ(Force Touch)に対応し、ビデオ撮影中に強く画面をタップすると連写、あるいはタップの強さに応じて撮影モードを切り替えるとされています。

iSightカメラの出っ張りはそのまま?

SOGIに寄せられた情報によると、iPhone 6sのiSightカメラは引き続き出っ張った形となるようです。iPhone 6ではiSightカメラがボディから出っ張った形になっています。

2014-09-19iphone6open - 12


新しい色はピンク?

これまでの情報では、iPhone 6sで追加される新カラーはApple Watchのローズゴールドのような色合いだとされていました。

今回投稿された情報によると、よりピンクの色合いが濃いモデルになるようです。液晶をおおうパネルの色はホワイトになるとしています。

そのほかのスペック情報

  • 2GBのシステムメモリを搭載
  • 最小容量は16GB
  • 改良版Touch IDセンサーは1秒以下で指紋を読み取れる

Foxconnからのリークと言われる情報はこれまでも報じられてきましたが、その信頼性は定まっていません。今回の情報は正確なものなのでしょうか。続報に期待です。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ