iPhone大変身。ほぼ隙間ゼロのバンパーと背面ガラスのフィット感がすごい

photo_crystal_gild_xs - 1


航空機などに採用される高強度ジュラルミンを削りだして作ったバンパー『ギルドデザイン ソリッドバンパー』。その圧倒的な強度や、削り出しの無骨なデザインから人気を集めています。

このソリッドバンパーのためだけに作られた「専用のバックプロテクター」が登場。それが『バックプロテクター for ギルドデザイン製ソリッドバンパー 』です。

では、詳しくチェックしていきましょう!

綺麗な光沢が美しいバックプロテクター

まず目を惹くのが、ガラス素材ならではの光沢感

photo_crystal_gild - 1


品の良いツヤなので満足感が非常に高いです。ちなみに、軽く指で触れただけでは指紋がつきにくいのも嬉しい

今回は、「ミカ レッド」というカラーを使ってみました。

iPhone 6sに貼り付けてみました。リンゴマークとカメラのフチに合わせるようにすると簡単に貼り付けられますよ。

photo_crystal_gild - 2


もちろん、先にバンパーを装着してからバックプロテクターを貼り付けるという方法もOK。

ソリッドバンパーに装着してみよう

ギルドデザインのソリッドバンパーがこちら。

専用とはいえバックプロテクターの精度はどれくらいなのか気になりますよね。装着してみました。

photo_crystal_gild_x - 1


まずは、ソリッドバンパーを装着するときのポイントをおさらい。

低反発のシリコンシート(エラストマー)が付属しているので、これをバンパーの四隅に添えましょう。クッションになるので、キズや衝撃からばっちりiPhoneを守れるんですよ。

photo_crystal_gild - 3


シリコンシートをつけたら後は、iPhoneを装着してボルトを留めればOK。付属のL字レンチでボルトをしっかりと締めていきます。

photo_crystal_gild - 4


装着完了!真紅に輝くiPhoneになりました。レッドという派手な色でありながらも上品ですよね。

そして、専用バックプロテクターなだけあってフィット感が抜群!

photo_crystal_gild - 5


「専用」の名に恥じないフィット感

通常、ガラス製のバックプロテクターはバンパーと干渉しないために隙間のあるものが多いです。

でも、これを見てください。

ほんの少しの隙間こそあれど、バンパーの際ギリギリまで攻めています。

photo_crystal_gild - 6


カメラ周辺はこんな感じ。専用の名に恥じない精度ですよこれは。スゴすぎる。

photo_crystal_gild - 7


側面からみると、まるでメタルケースのよう。

ちなみに余談ですが、強度を維持しながら無駄を削ぎ落としたソリッドバンパーは、ボタン周りがスッキリしており操作性が良いのが特徴なんです。

photo_crystal_gild - 8


ゴールドボディのiPhoneにレッドのバックプロテクターはちょっとギラギラしすぎかな?と思っていましたが杞憂でした。

ピッタリとフィットしたバックプロテクターと、バンパーの隙間からチラッと見えるゴールドが良いアクセントに。

何度見ても美しいなあ。

photo_crystal_gild - 9


バックプロテクター for ギルドデザイン製ソリッドバンパー 一覧

ソリッドバンパーはコチラ

ぼくはiPhoneにキズをつけたくないので普段ケース派。でも、こんなにフィットしてデザインも美しいので、心が揺らいでいる!!

▼ギルド専用バックプロテクターをチェック▼

アクセサリーのまとめはこちらから!

他のiPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーなどをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

アクセサリーまとめ! どんどん追加中!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ