Googleのデータをバックアップする方法

Google


(© Google Inc.)

『Gmail』・『Google ドライブ』・『Google カレンダー』と、Googleは日常生活に不可欠。大切なデータもたくさん入っています。

そこで大切なのが、万が一に備えてバックアップすること。Googleも対策していますが、自分のデータは自分で守るのが鉄則です。

まとめもぜひご覧ください。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

Googleのデータを書き出す

『Google アカウント』のウェブページを開き、ログインします。iPhoneのSafariでも利用できます。

アカウント情報 – Google

Google


(© Google Inc.)

「個人情報とプライバシー設定」の【コンテンツの管理】をタップします。

Google


(© Google Inc.)

【アーカイブを作成】をタップ。

Google


(© Google Inc.)

バックアップしたいサービスにチェックマークを付け、【次へ】をタップしましょう。

Google


(© Google Inc.)

配信方法を「Google ドライブに追加」に変更します。

Google


(© Google Inc.)

これでバックアップしたいデータをまとめた、アーカイブが作成されます。作成が完了するとメールでお知らせが届きます。

Google


(© Google Inc.)

Google ドライブからダウンロード

アーカイブはGoogle ドライブに保存されます。このデータをどこに保存するかによって作業が変わります。

iPhoneにダウンロードする方法

メールで作成完了の知らせが届いたら、iPhone上でファイルを管理できるアプリ『Documents 5』を使い、iPhoneにダウンロードしましょう。

Documents 5を開き、画面下の中央にあるボタンをタップ。

Google


(© Readdle Inc.)

Google ドライブにアクセスするためにログインし、連携を許可します。

Google


(© Readdle Inc.)

Google ドライブのアカウントをタップします。

Google


(© Readdle Inc.)

連携が完了すると、Google ドライブのファイルにアクセスできます。【データエクスポート】というフォルダを開きます。

Google


(© Readdle Inc.)

中に入っているZIPファイルが先ほど作ったアーカイブです。これをタップすると、iPhoneにダウンロードされます。

Google


(© Readdle Inc.)

Google
ZIPファイルなので、Documents 5で解凍して中身を見ることもできます。

(© Readdle Inc.)


PCにダウンロードする方法

ウェブブラウザでGoogle ドライブを開きます。

Google ドライブ

「データエクスポート」というフォルダを開き、中にあるZIPファイルを右クリック。メニューの【ダウンロード】を選ぶとPCにダウンロードできます。

Google


(© Google Inc.)

アーカイブの取り扱いには注意

アーカイブはパスワード保護・暗号化が施されていません。アクセスできる人物は誰でもその中身を見ることができるので、取り扱いには注意が必要です。

誤ってGoogle ドライブでアーカイブを共有しないよう、注意してください。

Documents 5 – 高速 PDF リーダー、ダウンロードマネージャ ・販売元: Igor Zhadanov
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 77.0 MB
・バージョン: 5.5.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!