iPhone 7のイヤホンは無線と有線に対応?

pauls1007earpds - 1


イヤホンジャックが無くなると噂のiPhone 7では、付属のイヤホン『EarPods』はどうなるのか?

その答えかもしれない、Appleの特許が注目されています。

無線でも有線でも使えるイヤホン

特許で説明されているイヤホンは、左右のイヤホンと2つのコードからなります。左右のイヤホンを繋ぐコードA、そしてコードAをiPhone・iPodなどに繋ぐコードBです。

Bluetoothなどの無線で繋がるデバイスではコードAのみで聴き、有線でしか繋げられないデバイスではコードBも使って聴きます。

コードAとコードBの接続部は脱着しやすいマグネット式。コードBを外すと無線接続に切り替わる仕組みになっています。

充電はどうする?

無線イヤホンで重要なのは「充電のしやすさ」。Appleの特許では、コードBを使ってデバイスと接続した際に充電できる仕組みとなっています。

iPhone 7


(引用元:AppleInsider

この仕組みなら、音楽を聴きながらでもイヤホンを充電できそうです。

今回の内容が特許として認められたことで、Appleはこの仕組みを独占的に利用できます。しかし、これが製品化を意味するとは限りません。

Appleはこれまでにも多くの特許を出願・取得していますが、その全てが製品に活かされてきたわけではないからです。

現時点でiPhone 7の付属イヤホンがどんな姿形になるかは不明ですが、イヤホンジャック廃止が事実なら、こうしたイヤホンが登場しても不思議ではありません。

参考

Apple patents magnetically detachable wireless earbuds for iPhone – AppleInsider

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ