iPhoneをPCでバックアップする方法【iOS 9版】

iTunesの新バージョンに対応したページを公開しました。こちらをご覧ください。
iPhoneをPCでバックアップする方法【iTunes 12.4版】

(2016年6月1日 追記)

———

バックアップ


PCをお持ちなら、iTunesを使ってiPhoneをバックアップできます。iPhoneにたくさんのデータが入っている場合にピッタリです。

まとめもぜひご覧ください。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

バックアップする方法

iPhoneとPCをUSBケーブルでつなぎましょう。

lightning


すると、PCでiTunesが自動起動します。

自動起動しない場合、Windowsではスタートメニューから、Macではデスクトップをクリック→画面上の【移動】メニュー→【アプリケーション】でiTunesを起動しましょう。

ウィンドウ左上にある、iPhoneのアイコンをクリックします。

バックアップ


ウィンドウ左側にある【概要】をクリック。

バックアップ


「バックアップ」の「このコンピュータ」を選んでいることを確認します。

バックアップ


隣の列にある【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。これでバックアップが作成されます。

バックアップ


バックアップが完了すると、下の日時が直近のものになります。

バックアップ


iTunesでバックアップできないデータ

Appleによると、iTunesを使えばiPhoneのほぼすべてのデータをバックアップできます。しかし、以下のデータはバックアップの対象外になっています。

  • App Store・iTunes Storeで購入したコンテンツ
  • iBooksにダウンロードしたPDFファイル
  • iTunesから同期したコンテンツ
  • iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリームなどに保存された写真
  • Touch IDのデータ
  • Apple Payのデータ
  • ヘルスケアアプリの情報
  • Safariなどで保存したパスワード
  • Safariの履歴
  • Wi-Fiの設定

暗号化するとバックアップ可能に

以下のデータは、バックアップを暗号化することで対象になります。

  • ヘルスケアアプリの情報
  • Safariなどで保存したパスワード
  • Safariの履歴
  • Wi-Fiの設定

バックアップを暗号化する方法は、以下のページで詳しくご紹介しています。
iPhoneをiTunesでバックアップする時の注意点

iPhoneにデータを戻す「復元」の方法

以下のページでご紹介しています。
iPhoneをiTunesのバックアップで復元する方法【iOS 9版】

参考

iCloud と iTunes のバックアップについて – Apple サポート

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ