iPhoneをiTunes(PC)でバックアップする方法【iTunes 12.4版】

iTunes 12.5に対応した、iPhoneのバックアップ方法はこちら。
iPhoneをiTunes(PC)でバックアップする方法【iTunes 12.5版】

———

iTunes バックアップ


iPhoneをPCのiTunesでバックアップする方法をご紹介します。

本記事で使っているiTunesはバージョン12.4です。

バックアップからiPhoneにデータを戻す「復元」の方法はこちら。
iPhoneをiTunesのバックアップで復元する方法【iTunes 12.4版】

バックアップのまとめもぜひご覧ください。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

(1)iPhoneとPCをつなぐ

まずはiPhoneとPCをLightningケーブルで繋ぎましょう。

lightningケーブル


(2)iTunesを起動する

初期設定のままなら、iPhoneとPCをつないだ段階でiTunesが自動的に起動します。

自動的に起動しなかった場合は、以下の手順でiTunesを起動してください。

Windowsの場合

スタートメニューや、デスクトップのショートカットから起動します。

Macの場合

以下の手順でiTunesを起動します。

  1. デスクトップをクリック
  2. 画面上の【移動】メニューを開き、【アプリケーション】をクリック
  3. iTunesを探してダブルクリック

(3)iPhoneをバックアップする

ウィンドウ左上にある、iPhoneのボタンをクリックします。

iTunes バックアップ


ウィンドウ左側の【概要】をクリック。すでに選択している場合もあります。

iTunes バックアップ


ウィンドウの右側を下にスクロールし、バックアップ欄にある【このコンピュータ】を選択。これで、次回から同期する際にiTunesでバックアップできます。

iTunes バックアップ


つぎに、右側にある【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。

iTunes バックアップ


バックアップが始まると、ウィンドウ上に進行状況が表示されます。

iTunes バックアップ


暗号化するとバックアップできるデータが増える

暗号化することで、以下のデータもバックアップできるようになります。

  • iPhoneに保存したパスワード
  • Wi-Fiの設定
  • ウェブサイトの履歴
  • ヘルスケアに関するデータ

バックアップを暗号化する方法

バックアップする前に【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。

iTunes バックアップ


暗号化のためのパスワードを設定します。これを忘れるとバックアップからiPhoneにデータを復元できなくなるので、設定・取り扱いには注意しましょう。

iTunes バックアップ


設定を済ませるとiPhoneのバックアップが始まります。

参考

iTunes でのバックアップの暗号化について – Apple サポート

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技もチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.1 MB
・バージョン: 1.0.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ