快適すぎるメールアプリ『Spark』入門

メールの「削除」と「アーカイブ」の違い、ご存知ですか?
いまさら聞けないメールの「削除」と「アーカイブ」の違い

(2016年11月3日 追記)

———

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

メールアプリ『Spark』は、無料なのに使い勝手がすこぶる良いと評判です。

「標準のメールアプリでは力不足」という方に向け、今すぐSparkを使い始められる入門記事をご用意いたしました。

何がすごい?

Sparkを使えば、メールの処理や管理にかかる手間を減らせます。

メールを分析して個人的なメールやメールマガジンなどに自動分類したり、あとで読む・返信するメールを指定した日時に通知させたりできます。

同じキーワードでメールを検索する機会が多い方は、スマートフォルダが重宝するはず。あらかじめ設定したキーワードに該当するメールを抽出できるフォルダです。

目次

ログインする

Sparkでメールを送受信するには、Sparkとそれぞれのメールサービスを連携させる必要があります。

【ログイン】をタップします。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

メールサービスを選びます。ここでは『Gmail』を選びました(左)。ログインしてGmailとSparkの連携を許可します(右)。

Spark
Spark


左:© 2015 – 2016 Readdle Inc.・右:©2016 Google

最後に送信者の名前・メールアカウントの説明・通知設定を済ませ、【完了】をタップします。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

自動で振り分ける受信ボックス

Sparkは受信したメールを、受信ボックスの中で「個人的なメール」・「通知メール」・「メールマガジン」に分類します。

Spark
受信ボックスを開くと、上から「個人的なメール」・「通知メール」・「メールマガジン」の順に並んでいます。

© 2015 – 2016 Readdle Inc.


返信する

メールに返信する方法は2つあります。1つは文章を入力して返信する方法、もう1つは短いテンプレートで返信する方法です。

文章を入力して返信する場合は、画面下にある返信ボタンをタップします。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

短いテンプレートで返信する場合は、メールの末尾にある【クイック返信】を使いましょう。テンプレートを選ぶとその内容で返信します。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

新規メールを作成する

あらたにメールを誰かに送るときは、以下の方法で新規メールを作成しましょう。

受信ボックスを開いているときに、画面右下にある青いボタンをタップします。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

これで新規メールを作成できます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

大切なメールをあとで通知させる

あとで読もう・返信しようと思っていても、忘れてしまうのが人の常です。そこでSparkにあとで読む・返信するメールを通知させましょう。

あとで通知させたいメールを開き、画面右上のボタンをタップ。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

通知させる日時を指定します。設定し終えたら、【通知】のスイッチがオンになっていることを確認してください。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

このように通知されます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

ファイルの保存と添付

Sparkは『Dropbox』や『Googleドライブ』と連携でき、メールに添付されたファイルを保存したり、これらのサービスにあるファイルをメールに添付したりできます。

画面左上のボタンをタップし、メニューを開きます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

【設定】を開きます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

【接続済みのサービス】をタップ。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

Spark
連携したいサービスを選び、ログインして連携を許可します。

© 2015 – 2016 Readdle Inc.


メールに添付されているファイルを保存するときは、まず添付ファイルをダウンロードして開きます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

画面左下の【保存】をタップ。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

保存先を選び、保存します。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

ファイルを添付したいときは、メールを作成しているときにクリップのボタンをタップします。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

条件に合うメールを抽出する「スマートフォルダ」

キーワードを入力し、それに該当するメールを抽出できるのがスマートフォルダです。よく検索するキーワードでフォルダを作っておけば、毎回検索する手間が省けます。

画面左上のボタンをタップし、メニューを開きます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

画面右下にあるボタンをタップ。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

【新規追加】→【スマートフォルダ】→【フィルタを選択してください】の順にタップしていきます。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

メールの検索に使うキーワードを決めます。検索対象は差出人・件名・本文です。決定したら【保存】をタップし、次の画面でも【追加】をタップします。

Spark


© 2015 – 2016 Readdle Inc.

メニューにスマートフォルダが追加されます。タップすると、検索キーワードに合致するメールが表示されるので試してみましょう。

Spark


他のSNSの使い方や便利アプリのまとめはこちらから!

他のSNSの使い方や便利アプリをまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。

今日から始めよう! SNSアプリの使い方まとめ

便利アプリまとめページ

© 2015 – 2016 Readdle Inc.

Spark - メールがもう一度楽しくなる ・販売元: Igor Zhadanov
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 57.4 MB
・バージョン: 1.6.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ