Googleカレンダーで空き時間が探しやすくなった!

Googleカレンダー


© Google Inc. 以下同じ

アプリ『Googleカレンダー』なら、予定が詰まっていても空き時間をすぐに探せます。

予定を追加するときに・・・

画面右下の【+】をタップして予定を追加しましょう。

Googleカレンダー


予定の件名を入れる際に「件名 日付」とします。たとえば、つぎの月曜日に予定を入れたいときは「取材 月曜日」、今日であれば「取材 今日」とします。

そして、入力欄の下に現れる日付をタップします。

Googleカレンダー


すると、30分ごとに時間帯がピックアップされ、すでに予定が入っている時間帯には「競合」というラベルが付きます。

Googleカレンダー


ダブルブッキングを避けるには、この「競合」を避けて時間帯を選べばOK。カレンダーと付き合わせながら見る必要がない分、予定の調整が楽です。

注意点:繰り返しの予定は対象外?

筆者が試した限りでは、繰り返しの設定がなされている予定は対象外のようです。競合するはずなのに、繰り返しの設定をした予定は表示されませんでした。

もし繰り返しの設定がなされている予定がある場合は、予定を入れる際に注意する必要があります。

参考

Creating events on the go just got easier – see when you’re free when schedul… – Google+

Googleカレンダー ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 75.0 MB
・バージョン: 1.3.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ