「え!?それiPhoneで撮ったの?」と言わせたい人のカメラアプリ

photo_shoot_by_procam - 1


今回頂いたリクエストはこちら

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。

今回は、うめぼしさんから頂いた「いいかんじのカメラアプリおしえて」というリクエストを記事にします!

純正カメラアプリでは満足できず、さらに細かく、とことん使い込めるカメラアプリがあります。それが、『Shoot by ProCam』です。

マニュアル撮影しようぜ!

iPhone純正のカメラアプリは基本的にフルオート。でも、「あえて暗く影を強調して撮りたい」「明るめに撮って爽やかな雰囲気を出したい」とこだわりたい方には物足りない点が多いです。

Shoot by ProCamなら、露出・シャッタースピード・ISO感度・フォーカス・ホワイトバランスを“手動”で調整できるので思い通りの写真が撮りやすくなりますよ!

photo_shoot_by_procam - 3


© Majed Azzam

シャッターボタンの隣にマニュアル操作できる項目が表示されているので、片手で操作するのも簡単なんです。

撮影画面中央にヒストグラムという明るさの目安を表示させられるので、意図した明るさで撮れているか一目瞭然。ちなみに、ヒストグラムは右に寄るほど明るく、左によるほど暗く映ります。

被写体の色を損ねない程度の明るさに設定をした写真がこちら。

photo_shoot_by_procam - 2


被写体をクッキリ撮るための機能も

撮った写真がピンボケしていた…。せっかく撮った写真がボケボケだったら悲しいですよね。

Shoot by ProCamは、フォーカスしたときにボケていないかチェックする機能もあるんです。

撮影画面で、フォーカスしたい部分を強く押し込むと被写体が拡大します。そして、ピントが合っている部分が赤くなるんです。

photo_shoot_by_procam - 4


たとえば、接写するときにも活躍しますよ。被写体に寄ってピントを合わせて撮れば、写したいものがクッキリ。背景はふわっとボケた雰囲気のある写真が撮れちゃいます。

photo_shoot_by_procam - 1


Shoot by ProCamは有料アプリ。現時点で250円ですが、まるでデジカメのような細かい設定ができるので1つ持っておいても損しないですよ。ぜひ、お試しあれ!

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
頂いたリクエストをライターたちが全力で調べて、あなたの「知りたい!」に答えます!

リクエストはこちらから→ あなたのリクエストを記事にします!

Shoot by ProCam - TIFFおよびHDR対応マニュアルカメラ ・販売元: Samer Azzam
・掲載時のDL価格: ¥250
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 2.5 MB
・バージョン: 1.6.2
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
自分だけの国造りを満喫しよう!『Ragnarok~ヴァルハラサーガ~』で事前登録の受付が開始!! 事前登録して、ゲーム序盤で大活躍するレア英雄を手に入れよう。

Ragnarok~ヴァルハラサーガ~

オススメ