iPhone 6/6 Plusを襲う不具合「タッチ病」が多発

140919_iphone6plusopen - 04


『iPhone 6』と特に『iPhone 6 Plus』で「タッチ病」と呼ばれる不具合が多発している、とスマートフォンなどの修理方法を紹介する『iFixit』が報じています。

その原因は何なのでしょうか。

灰色のバーが現れる・タッチに反応しない

「タッチ病」が発症すると、iPhoneの画面上部に灰色のチカチカと明滅するバーが現れたり、液晶にタッチしてもiPhoneが全く反応しなくなったりします。

一時的な対処法として「iPhoneをひねる」とか「画面に圧力をかける」といった方法もあるそうですが、いずれも効果は限定的。

最終的に灰色のバーが表示されるエリアが画面全体に広がったり、一切のタッチ操作に反応しなくなったりする、とiFixitは紹介しています。

原因はiPhone 6の設計?

iFixitによれば、原因はiPhone 6/6 Plusの設計にあります。

iPhone 6/6 Plusは、発売当初から本体が折れ曲がりやすいとして注目を集めました。
iPhone 6 / 6 PlusはiPhone 5よりも曲がりやすいので注意! 第三者機関がレポート発表。

この折れ曲りやすさが原因で、様々な部品を載せた基板に力が加わって、タッチセンサーや画面を制御するチップが浮いて故障。そして画面の表示がおかしくなったり、タッチに反応しなくなったりするのではないか、と考えられています。

iPhoneをねじったり、画面に圧力をかけたりすると一時的に直るのは、浮いていたチップが元の位置に戻ったためかもしれません。

修理方法は?

少なくとも海外のAppleは、通常の故障と同じ対応を取っているそうです。

国内でも同様であれば、保証期間内であり、さらに保証対象内の故障と認められると、無償で修理が受けられます。

一方で、すでに保証期間外だったり、保証対象外の故障と認められたりすれば、有償での修理になります。

登録修理業者であれば、安価に修理できる可能性もあります。この場合はAppleの保証期間内であっても、修理を行った段階で保証は無効になるので注意が必要です。
iPhoneは自分で修理してもよいのか?

iPhoneの取り扱いはていねいに

「タッチ病」の原因がiFixitが報じている通りであれば、iPhone 6/6 Plusの取り扱いには注意が必要です。

特にズボンのポケットに入れると、iPhoneに力が加わり、チップが浮いてしまう恐れがあります。

なお、『iPhone 6s』や『iPhone 6s Plus』ではチップの搭載位置が変わり、ボディの強度は向上しています。用心するに越したことはありませんが、iPhone 6/6 Plusほどの注意は必要なさそうです。

Appleはこの問題でiPhone 6/6 Plusを無償修理すべきだが、それを怠っているとして集団訴訟に発展するのではないか、とする声もあります。今後の動向に要注目です。

参考

A Design Defect Is Breaking a Ton of iPhone 6 Pluses | iFixit

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
女性化した歴史上の人物が活躍するストラテジーRPG『オルターレコードアジャストメント』が発表されました!! 事前登録して【SR】ジョセフィーヌを手に入れましょう。

オルターレコードアジャストメント

オススメ