iPhone 6 / 6 PlusはiPhone 5よりも曲がりやすいので注意! 第三者機関がレポート発表。

製品の安全性や耐久性などを調査する独立機関『Consumer Reports』が、iPhone 6iPhone 6 Plus の強度をテストしました。

iPhone 6


(画像:Apple

先日「iPhone 6/6 Plus は曲がりやすい」と話題になったことから、Consumer Reports がその真相を科学的に検証するため、曲げる力に対する強度を調べるテストを行いました。

iPhone 6/6 Plus のほかに、同じ方法で iPhone 5・HTC One(M8)・LG G3・Samsung Galaxy Note 3 の強度も計測されています。テストの内容と結果を詳しく紹介します。

テストの結果

Consumer Reports は、対象となったスマートフォンに「曲げ試験」を行いました。スマートフォンの左端と右端を下から支え、真ん中に上から圧力を30秒間加えるテストです。

iPhone 6


(画像:Consumer Reports)

クリアしたら、次のテストでは加える圧力を10ポンド(約4.5キログラム)増やします。こうして、本体が変形するまでテストを繰り返します。変形したときの圧力を比べれば、曲げる力に対する強度がどれくらい異なるのかを数字で表せます。

以下が、テストの結果です。

変形 ケースと液晶が分離
HTC One(M8) 70ポンド(約31.8kg) 90ポンド(約40.8kg)
iPhone 6 70ポンド(約31.8kg) 100ポンド(約45.4kg)
iPhone 6 Plus 90ポンド(約40.8kg) 110ポンド(約49.9kg)
LG G3 130ポンド(約59kg)
iPhone 5 130ポンド(約59kg) 150ポンド(約68kg)
Samsung Galaxy Note 3 150ポンド(約68kg)

もっとも強度が高いのは Samsung Galaxy Note 3 で、次点が iPhone 5 でした。

注目の iPhone 6 / 6 Plus は、iPhone 5 より曲げる力に対する強度が劣る結果になりました。iPhone 5 とは変形する圧力で40〜60ポンド(約18.1〜27.2キログラム)、ケースと液晶が分離する圧力で40〜50ポンド(約18.1〜22.7キログラム)の差があります。

iPhone 6 / 6 Plusの取り扱いには要注意

したがって、これまでの iPhone と同じ感覚で iPhone 6/6 Plus を扱うと、曲がってしまう可能性が高いと考えられます。これまでよりも、iPhone 6 / 6 Plus はていねいに扱う必要がありそうです。

もし変形してしまったときは、液晶のカバーガラスが砕けたり、バッテリーに異常が生じたりする恐れがあります。Apple のサポート窓口に問い合わせるか、Apple Store の Genius Bar に持ち込んで、検査を受けましょう。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!