iPhone 7(アイフォン 7)の致命的な弱点

iPhone 7の下半分を写した画像


『iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』のホームボタンはセンサー式になりました。

これまでのボタン式のように故障する可能性は低くなりましたが、その一方で新たな問題も引き起こしています。

ホームボタンについての記事はこちら → iPhone 7(アイフォン 7)のホームボタンはどう変わったのか

iPhone 7(アイフォン 7)は手袋越しだとホームボタンが使えない

画面と同じ静電容量方式のタッチセンサーを使っているらしく、iPhone 7のホームボタンは手袋を着けていると操作できません。

スマートフォンに対応した手袋なら問題なく使えたとする報告がある一方、まったく使えなかった製品もあると報じられており、必ず使えるわけではないようです。

ホームボタンはiPhoneを操作するうえで必要不可欠。特に『iOS 10』では、ロック画面からパスコード入力画面に移る際には必ず押さなければなりません。

iPhoneのロック解除時に表示される「ホームボタンを押して開く」の文字


スマホ対応手袋をお持ちの方は、冬が訪れる前にぜひ試してみてください。

解決策は?

お手持ちのスマホ対応の手袋でiPhone 7のホームボタンが反応しなかったときは、iOSのアクセシビリティ機能を使いましょう。

『AssistiveTouch』を使うことで、仮想のホームボタンを画面に追加できます。

AssistiveTouchを使った仮想のホームボタン


設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【AssistiveTouch】を開きましょう。

設定アプリのアイコン画像


【AssistiveTouch】をオンにします。

設定アプリ内のAssistiveTouchがオンになっている画像


しかし、そのままではホームボタンの代わりとしては使いづらいので、設定を変えるのがオススメです。

【最上位メニューをカスタマイズ】をタップ。

AssistiveTouchにある最上位メニューをカスタマイズのメニュー


「6個のアイコン」の横にある【−】をタップし続け、「1個のアイコン」にします。

「6個のアイコン」の右にある「−」が強調されている画像


それから上にある【カスタム】をタップしましょう。

ホームにチェックがついている画像


【ホーム】を選び、画面右上の【完了】をタップ。メニューなどが表示されなくなり、ホームボタンそのものとして使うことができます。

AssistiveTouch


これでiPhone 7のホームボタンが反応しないスマホ対応手袋でも、電源ボタンを押す or 持ち上げてロック画面を表示→仮想ホームボタンをタップ→ロック解除ができるようになります。

もちろん本物のホームボタンとまったく同じなので、1回タップでホーム画面、2回連続タップでアプリ切り替え画面を表示できます。

iPhone 7/7 Plusユーザーの方は、冬に備えてぜひお試しください。

参考

iPhone 7 Home Button Requires Capacitive Touch to Work – Mac Rumors

手に入れよう!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
購入ページはこちら

iphome7_softbank_new02


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ