【LINE(ライン)スタンプ#5】自作したスタンプを申請する方法

自作したLINEスタンプ(ラインスタンプ)をLINE Creators Market(ラインクリエイターズマーケット)に申請する方法。LINEスタンプの作り方。


© LINE Corporation

この記事では、自分で作成した「LINEスタンプ(ラインスタンプ)」を申請に出す方法を1から詳しく説明します。

コミュニケーションに欠かせない定番SNSアプリ『LINE(ライン)』で使える「LINEスタンプ」は、自分で作成することができます。
「自分だけのオリジナルスタンプを作りたい!」と考えた筆者は、スマホアプリのみでLINEスタンプの画像を作成しました。

LINEスタンプの画像が完成したらあとは申請するのみなのですが、「申請時に画像をアップロードする方法がイマイチよくわからない・・・」なんて困っている人はいませんか?
申請に出すのは一見難しそうですが、実は超簡単なんですよ。

LINEスタンプ申請に必要な画像をまとめた「ZIPファイル」を作ろう

まずはPCで、作成したLINEスタンプの画像42枚(メイン画像1枚、スタンプ画像40枚、トークルームタブ画像1枚)をフォルダに入れ、圧縮して「ZIPファイル」を作成します。

LINEスタンプ作成に必要な画像一覧はこちら
【LINEスタンプ#2】スタンプ作成に必要なもの一覧

今回は、前回スマホアプリ『Shuttle Sticker』で作成した、手描きイラストをデータ化した画像を使用します。
【LINEスタンプ#4】iPhoneで手描きイラストを超簡単にスタンプ化!

自作したLINEスタンプ一覧


© 2016 LIVE2LOVE JAPAN INC.

STEP1:スマホ内のスタンプ画像をPCに取り込む

スマホで作ったスタンプ画像をPCに取り込みます。

スマホアプリ『Shuttle Sticker』でスタンプ画像を作って、申請用ファイルを出力した場合、スマホのカメラロール内に画像がすべて保存されています。
それをそのままPCに取り込みましょう。(※サイズなどは変えなくてOKです。)

スマホのカメラロール内にある自作LINEスタンプの画像


STEP2:規定の名前をつけて1つのフォルダ内に画像42枚をすべて入れる

取り込んだ画像に以下の規定の名前をつけましょう。

  • メイン画像:main.png
  • スタンプ画像:01.png〜40.png
  • トークルームタブ画像:tab.png

そして、これら42枚の画像を1つのフォルダ内にまとめて入れます。

自作したLINEスタンプを1つのフォルダ内に入れる


STEP3:フォルダを圧縮し、「ZIPファイル」を作成

42枚の画像を1つのフォルダに入れたら、そのフォルダを右クリックし、「◯◯(フォルダ名)を圧縮」をクリックします。

LINEスタンプ圧縮を選択


すると、「◯◯(フォルダ名).zip」という「ZIPファイル」が作成できました。

ZIPファイルが作成された画像


LINE Creators Marketでスタンプの申請をしよう

次に、PCでLINE Creators Marketにアクセスしましょう。

STEP1:LINE Creators Marketにログインする

LINE Creators Marketにアクセスしたら、右上の【マイページ】をクリックし、自分のアカウントにログインします。

LINE Creators Marketでクリエイター登録をする方法
【LINEスタンプ#1】LINE Creators Marketに登録する方法

LINE Creators Marketのマイページにログイン


STEP2:スタンプ情報を入力

マイページ内の【新規登録】というボタンをクリックし、【スタンプ】をクリックします。

新規登録を選択してスタンプを選択


すると、スタンプ情報を入力する画面になります。
緑色のチェックがついている項目は、必ず記入しましょう。

「言語を追加」という項目から「Japanese」を選択すると、日本語での説明欄も追加されますよ。

チェック項目に情報を記入


▼「言語を追加」から言語を選択し、【追加】をクリック▼

言語を追加から言語を選択し、追加をクリック


次に、販売情報を記入します。
スタンプ情報同様に、緑色のチェックがついている項目は必ず記入しましょう。

販売情報画面 チェック項目に入力


オプションの項目を記入し、一番下の【保存】ボタンをクリックします。

「作品が確認できるURL」とは、今回登録したスタンプ画像が確認できる、自分のHPなどのURLのことです。もしある場合は入力しておきましょう。

保存ボタンをクリック


STEP3:スタンプ画像をアップロード

アイテム管理画面の、【スタンプ画像】というタブをクリックします。

アイテム管理画面のスタンプ画像をダブルクリック


すると、スタンプの編集という画面になります。
【ZIPファイル アップロード】のボタンをクリックし、先ほど作った「ZIPファイル」を選択し、アップロードします。

ZIPファイル アップロードをクリック


すると、「main.png」という名前をつけた画像がメイン画像(main)に設定され、「tab.png」という名前をつけた画像がトークルームタブ画像(tab)に設定されました。
「01.png〜40.png」という名前をつけた画像は、スタンプ画像(01〜40)になっていますよ。

スタンプ画像に自作スタンプが表示されている画像


STEP4:販売価格を選択

スタンプの販売価格を選び、【保存】をクリックします。

販売価格の設定


STEP5:プレビューでスタンプ画像や説明文を最終確認

アイテム管理画面の右上にある【プレビュー】というボタンをクリックし、スタンプ画像や説明文の最終確認をしましょう。

プレビューをクリック


▼抜け漏れや誤字などがないか、最終確認しましょう▼

完成したLINEスタンプを最終確認


STEP5:スタンプを審査に出す

最終確認が終わったら、いよいよスタンプを審査に出しましょう。

アイテム管理画面の右上にある【リクエスト】を押せば、審査が開始されます!

リクエストをクリック


ステータスが「審査待ち」になりました。
審査が終わるのをドキドキしながら待ちましょう!

次回はこの「ちょっとウザいハムスター」の審査結果が出たら、記事にて報告します。お楽しみに!

リクエスト済みの表示


LINEスタンプの作り方まとめ

LINEスタンプの作り方を1から紹介しています。

iPhoneのみでLINEスタンプを作成する方法や、自作LINEスタンプを申請する手順、申請に出して「リジェクト」されてしまった時の対処法など、LINEスタンプ作成に関する様々なことを、筆者自身が実際に作成しながら執筆していますよ。

皆さんも一緒にLINEスタンプを作ってみませんか?

詳しくはこちらの記事へ
『LINEスタンプ』の作り方まとめ

LINEの裏技や使い方、スタンプ情報はこちら

【LINE(ライン)】使い方・裏技・スタンプ情報まとめ

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 148.2 MB
・バージョン: 6.6.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!