iPhoneを速く充電するには? 実験で確かめてみた

充電


iPhoneの機能を使うだけで、バッテリーの充電に必要な時間は短くなるのか。今回は4つの方法を試してみました。

4つの方法で検証

充電中のiPhoneが消費する電力を減らせれば、充電に必要な時間は短くできるはず。そこで消費電力を減らせる機能を使ってみました。

試したのは以下の方法です。

  • A:機内モードをオンにしてロック(Wi-Fi・Bluetoothはオフ)
  • B:低電力モードをオンにしてロック(Wi-Fiはオン)
  • C:低電力モードをオンにしてロック(Wi-Fiはオフ)
  • D:機内モードと低電力モードを両方ともオンにしてロック(Wi-Fi・Bluetoothはオフ)

それぞれの方法を用いて充電を行い、iPhoneのバッテリー残量が50%から60%になるまでの時間を測りました。

比べるために、これらの機能を使わない状態でも計測しました。

  • E:Wi-Fiをオンにしてロック(アプリ全終了)
  • F:Wi-Fiをオンにして音楽を再生しながらロック
  • G:Wi-Fiをオンにして3分ほどのビデオをリピート再生

検証に用いたのは『iOS 10.0.2』をインストールした『iPhone 6 Plus』で、充電にはiPhoneに付属するLightningケーブルとUSB電源アダプタを使いました。

検証結果

充電しながら1分ごとにバッテリー残量を確認した結果は以下のとおりです。

充電


充電に要する時間は、消費電力を減らせる機能を使った「A」〜「D」と、Wi-Fiをオンにしてロックした「E」とで違いがありませんでした。

「E」ではアプリをすべて終了し、通知やメールを受け取ったりすることはなかったので、消費電力を抑えらえたことが功を奏したのかもしれません。

ただし、今回の計測は1分おきに行ったので、1分未満の違いはありそうです。

この結果に対して、曲を再生しながら充電した「F」、それとビデオを再生しながらロックせずに充電した「G」は、ともに「A」〜「E」よりも充電時間が長くなっています。

iPhoneを速く充電するには・・・

消費電力が多いと思われる「F」と「G」は所用時間が長く、消費電力が少ないと思われる「A」〜「E」は短かったことから、やはり消費電力が充電時間を左右するようです。

したがって、iPhoneを速く充電したいときはアプリを使わず、ロックしておくことが大切でしょう。

「Appのバックグラウンド更新」機能や通知を使う機会が多いiPhoneでは、機内モード・低電力モードをオンにして充電すれば、時間を短縮できるかもしれません。

今回の検証で目立った違いはなかったものの、上記のように待機中も消費電力が多い設定のiPhoneでは効果があると考えられます。

低電力モードの使い方

設定アプリの【バッテリー】を開き、【低電力モード】をオンにします。

充電


バッテリーを80%まで充電すると低電力モードは自動でオフになります。

注意点

バッテリーの状態・iPhoneに入っているアプリ・iOSの設定・使用環境などにより、充電に要する時間は変化すると考えられます。

同じ機材・方法を用いても、今回の結果を再現できるとは限りません。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ