iPhoneの空き容量を今すぐ3GB増やす方法

iPhone 7


32GBから256GBのiPhoneをお使いなら、空き容量を3GB増やせる方法があります。詳細をご紹介します。

いらないApple製アプリを消す

実は32GB以上の容量で『iOS 10』を搭載したiPhoneには、いくつかのApple製アプリが最初からインストールされています。

これらのアプリの容量を合わせるとおよそ3GBにもなるので、不要なら削除しましょう。

  • Pages(ワープロアプリ)
  • Numbers(表計算アプリ)
  • Keynote(プレゼンテーションアプリ)
  • iTunes U(学習アプリ)
  • iMovie(動画編集アプリ)
  • GarageBand(音楽制作アプリ)

Apple製アプリ


残念ながら、すでに削除されている場合は空き容量を増やすことができません。

アプリを消す前に

まだ1度もこれらのアプリを開いたことがない場合は、いずれかのアプリを1度起動してみましょう。

お使いのApple IDと連携させれば、これらのアプリを再ダウンロードできます。

アプリを消す方法

通常のアプリと同じように削除できます。アイコンを長押し→左上の【×】をタップして削除します。

Pagesアプリを削除


Apple製アプリが必要になったら・・・

App Storeアプリを開きます。

App Storeアプリ


画面左下の【おすすめ】をタップ。

App Storeの「おすすめ」


ページを一番下までスクロールし、【Apple App】をタップします。

App Storeのメニュー


必要なアプリをダウンロードしましょう。このときダウンロードボタンが【入手】になっていることを確認してください。

Apple製アプリ


iOS 10では標準アプリも削除できる

iOS 10では、不要な標準アプリ(例:株価)も削除できます。Apple製アプリと同じように、消すと空き容量は増えるのでしょうか。検証してみました。
【iOS 10検証】標準アプリを消すと空き容量は増える?

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ