【iOS 10】iPhone内の写真をパスコード無しで見られるバグ

パスコードを入力


パスコードやTouch IDを使った認証を経ることなく、iPhoneの中に入っているデータを盗み見ることができる不具合が発見されました。

どんなバグなのか

ある特定の手順で操作すると、パスコードを入力したり、Touch IDで指紋認証を行わなくても、iPhoneの写真アプリに入っている写真や動画を見ることができます。

たとえばiPhoneを放置してしまった場合、第三者がiPhoneを操作して、中に入っている写真や動画を盗み見ることが可能です。

この不具合により、写真や動画にアクセスできるiOSは『iOS 8』から『iOS 10.2 beta 3』です。

iOS 10.2 beta 3は開発者やテスト参加者に限って公開されています。
『iOS 10.2 beta 3』の変更点まとめ

おそらく、今後正式にリリースされる『iOS 10.2』でこの不具合は修正されるでしょう。

今すぐできる対策

設定アプリを開きます。

設定アプリ


【Touch IDとパスコード】をタップ。

Touch IDとパスコード


「ロック中にアクセスを許可」の【Siri】をオフにします。

Siri


参考

iOS Flaw Allows Anyone to Bypass iPhone Passcode and Access Photos and Messages – Softpedia

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ