【重要】iPhoneのアプリを削除できなくする方法

iPhoneのアプリを削除できなくする方法


iPhoneのアプリを間違って消してしまったことはありませんか?

アプリを削除してしまうと、バックアップや引き継ぎをしていないとデータが消えてしまいます。

この記事では、iPhoneのアプリを削除できなくする方法を紹介します。

  • お子さんにiPhoneを渡していたらアプリがなくなっていた
  • ポケットにiPhoneを入れてたらアプリアイコンが削除できる画面になっていた

そんな経験がある方も多いはず。iPhoneアプリのデータを守るためにも、しっかり設定方法を覚えておきましょう。

iPhoneのバックアップ方法はこちら→ iPhoneのデータをバックアップする2つの方法。万が一に備えよう!

iPhoneのアプリアイコンを削除できなくする方法

まず、アプリの設定から【一般】→ 【機能制限】を選択します。

iPhoneのアプリを削除できなくする方法
iPhoneのアプリを削除できなくする方法


次に、【機能制限を設定】をタップします。すると、機能制限を解除するためのパスワードを入力する画面になります。初めて使う人は、4桁のパスワードを決めて入力しましょう。

iPhoneのアプリを削除できなくする方法
iPhoneのアプリを削除できなくする方法


パスワードを入力したら、【Appの削除】をOFFにしましょう。

iPhoneのアプリを削除できなくする方法


すると、アプリを長押しすると表示される【削除マーク】がなくなります。これでアプリを簡単に削除できなくなりますよ。
アプリを削除したい場合は、行った設定を戻すだけで消せるようになります。覚えておいて損はないiPhoneの設定なので、アプリを間違って消したくない人はお試しください。

▼左:設定前(削除可能)・右:設定後(削除不可)▼
8
7


Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 70.9 MB
・バージョン: 4.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!