iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


© Google Inc. 以下同じ

Chrome』に、あとで読みたいウェブページをiPhoneに保存できるリーディングリストという機能が追加されました。保存したウェブページは圏外でも表示できます。

その使い方をご紹介します。

※ App Storeアプリを使い、Chromeを最新バージョンにアップデートしてください。

Chromeでページをリーディングリストに追加する方法

あとで読みたいウェブページを開いたら、画面右上の【・・・】をタップしてメニューを開きましょう。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


メニューの上にある共有ボタンをタップします。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


【後で読む】をタップしましょう。これでウェブページがリーディングリストに追加され、iPhoneに保存されます。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


リンク先のページも追加できる

リンクを長押しすると、メニューが現れます。この中の【後で読む】をタップすれば、ウェブページを開くことなく、リーディングリストに追加できます。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


Chromeでリーディングリストに追加したページを見る方法

タブを開いた状態でメニューを開き、【リーディングリスト】をタップ。横の数字は未読のページ数を表しています。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


見たいページをタップしましょう。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場
インターネットに接続できない状況であっても、ウェブページの装飾などを排した簡易版で表示できます。


保存が完了しているウェブページには、リーディングリストでチェックマークが付きます。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


既読ページをChromeのリーディングリストから削除する方法

すでに読んだウェブページを残したまま、リーディングリストにウェブページを追加していけばChromeの容量が増えます。不要なウェブページはまとめて削除しましょう。

リーディングリストを開き、画面右下の【編集】をタップ。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


【既読を削除】をタップしましょう。

iPhone版Chromeにページを保存できる「あとで読む」機能が登場


もちろんウェブページを個別に削除することもできます。

ブックマークよりも簡単に追加・削除できるので、あとで読みたいと思ったページをストックしておくのにピッタリです。ぜひお試しください。

Safariにも同様の機能が用意されています。
Safariでリーディングリストを使う方法

Chrome - Google のウェブブラウザ ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 94.3 MB
・バージョン: 57.0.2987.100
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ