新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)

新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)


© 2017 Apple Inc.

3月25日発売の『iPad』が気になっているのは、『iPad Air 2』・『iPad Air』・第4世代iPadをお使いの方かもしれません。

そこでこれらの旧モデルと新iPadを比べ、買い換えるべきか否かを考えます。

結論からご覧になりたい方はこちら。
新iPadに買い換えるべきか?

こちらもご覧ください。
買うならどっち? 新型『iPad』と『9.7インチiPad Pro』を比較

新iPadとiPad Air 2・iPad Air・第4世代iPadのスペックを比較

まずはAppleが公開しているスペック(仕様)を比較してみましょう。

新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)


iPad Air 2と比べると、プロセッサ以外に大きな変化はありません。むしろ厚さ・重量が増え、持ち運びには多少なりとも不便になります。

一方でiPad Airや第4世代iPadと比べるとカメラが進化。Wi-Fiも802.11acに対応して高速化。対応アプリをSplit Viewで2つ同時に開くこともできるようになります。
【iOS 9】iPadがマルチタスクに対応! 2つのアプリを同時に操作できる

新iPadとiPad Air 2・iPad Air・第4世代iPadの処理能力を比較

ウェブサイト『Geekbench Browser』と『Futuremark』で公開されている数値を元に、それぞれの処理能力を比べてみます。

Futuremarkについては「Ice Storm Unlimited」の値で比較しています。

新iPadはまだ発売されていないため、ベンチマークは実施できません。しかし、その処理能力は『iPhone 6s』と同等になる可能性があります。
新『iPad』のプロセッサ性能・メモリ容量

また、Appleは『iPad mini 4』搭載のプロセッサと比較し、新iPadは計算能力が1.6倍、描画能力が1.8倍高速だと説明しています。

そこでほかのiPadの結果に加えてiPhone 6sと、iPad mini 4の結果にApple公表値をかけた推測の値である「iPad(2017)」を比べてみます。

以下は計算能力を測るテストの結果です。

新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)


新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)


こちらは描画能力を測るテストの結果です。

新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)


あくまで推測ではありますが、新iPadはiPad Air 2と同等かそれ以上の性能になる可能性があります。

描画能力を測るテスト結果で、iPad(2017)の推測値は『9.7インチiPad Pro』を越していますが、実際にそうなるとは考えにくいです。

そう考える理由は2つあります。1つ目はこの結果はiPad mini 4のスコアを1.8倍(Apple公表値)にしているだけであること。

2つ目は、iPad Proは描画能力を強化したA9Xプロセッサを搭載していますが、新iPadはそうした強化が施されていないであろうA9プロセッサを搭載していることです。

いずれにせよ、発売後でなければ処理能力ははっきりしないでしょう。

新iPadとiPad Air 2・iPad Air・第4世代iPadの価格を比較

それぞれのiPadの価格を比べます。いずれも税抜きです。販売が終了しているiPadに関しては発表当時の価格を載せています。

新『iPad』に買い換えるべき? 旧モデルと比較(iPad Air 2・iPad Air・第4世代iPad)


容量が最も少ないモデルで、最も安いのは新iPadでした。

まとめ:新iPadに買い換えるべきか?

iPad Air・第4世代iPadユーザーの場合

iPad Air・第4世代iPadから買い換えるのであれば、新iPadは魅力的な選択肢でしょう。

処理能力の向上が期待でき、Split Viewが使えます。環境がすでに整っていれば、Wi-Fiの高速化も期待できます。

iPad Airも第4世代iPadも16GBモデルは4万円超でしたが、新iPadの32GBモデルは4万円未満。これは128GBモデルにも言えることで、iPad Airと比べて約3万円は安いです。

16GB・64GBモデルで慢性的な容量不足に陥っているのであれば、「新iPadに買い替え」という選択肢もありでしょう。

iPad Air 2ユーザーの場合

プロセッサの世代が1つ新しくなるので処理能力は向上すると思われますが、問題はその幅。iPad Air 2に不満がなければ、あえてiPadに買い換える必要はないかもしれません。

画面に関してはフルラミネーションディスプレイ・反射防止コーティングといった技術が採用されていないので、画面の見易さ・色の再現性は落ちている可能性があります。

9.7インチiPad Proでこれらの技術は引き続き採用されているので、この技術が不要になったわけではないでしょう。

iPad Air 2から新iPadに乗り換えた場合、画面の見易さ・発色には満足できないかもしれません。

本体のサイズは同じですが、厚さは1.4ミリ増、重量はWi-Fiモデルで32グラム増です。「持ち運びやすさ」にとってはデメリットにしかならないでしょう。

iPad Air 2からの買い替えが急を要さないのであれば、噂の10.5インチiPadを待つという手もあります。
2017年に発表される新型iPadの情報まとめ(スペック・価格・発売日)

参考

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ