【解説】iPhone 8のカラーと容量の種類

【解説】iPhone 8のカラーと容量の種類


画像:YouTube

今秋発表と噂のiPhone 8には、どんなカラー・ストレージ容量のモデルが用意されるのでしょうか。これまでの噂を整理してご紹介します。

iPhone 8には3つの色が用意される

正確な予測が比較的多いことで知られる、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏の予測では、iPhone 8のカラーバリエーションは3種類です。

『iPhone 7』には発売当初から5種類の色が用意され、2017年3月には(PRODUCT)REDが追加されて6種類の色で販売中なので、この予測が正確なら、バリエーションは半減します。

Kuo氏が登場する3つの色として名前を挙げたのは「ブラック」・「シルバー」・「ゴールド」です。

ブラックのiPhone 8については、原寸大模型の写真や動画が多く公開されています。

ローズゴールド風の「ブラッシュゴールド」の噂も

Kuo氏の予測には名前は出ていませんが、「ブラッシュゴールド(Blush Gold)」・「コッパーゴールド(Copper Gold)」と呼ばれる色の存在も噂されています。

ローズゴールドよりも暗い色です。

この色の正式名称が「ブラッシュゴールド」になるのかは分かっていません。

画面を囲むフレームが何色かも不明で、上記の原寸大模型では白が使われています。

黒のフレームが使われるとの予想もありますが、ローズゴールドのiPhone 7では白色のフレームが使われています。本体の色合いが変わったことで、色の組み合わせにも変化があることも考えられます。

Appleの噂を扱う大手サイト『9to5Mac』は、Kuo氏が指摘する「ゴールド」はブラッシュゴールドのような色の可能性もある、と推測しています。

容量は64GBと256GBのみ?

同じくKuo氏の予測では、iPhone 8のストレージは64GBと256GBの2種類のみ。iPhone 7は、ジェットブラックと(PRODUCT)REDを除き、32GB・128GB・256GBの3種類です。ジェットブラックと(PRODUCT)REDで選べる容量は128GBか256GBに限られます。

一方で、iPhoneの製造を担う工場の関係者から聞いた話として、iPhone 8のブラッシュゴールドには64GBと128GBモデルが用意される、という噂も流れています。

しかしiPhone 8は、同時発表のiPhone 7s・iPhone 7s Plusと比べ、上位・高級機種になるとされています。

iPhone 7にある256GBモデルがiPhone 8には用意されない可能性は低く、もしブラッシュゴールドがジェットブラックや(PRODUCT)REDのような「特別色」という位置付けなら、容量は128GBと256GBのみになるかもしれません。

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 74.5 MB
・バージョン: 4.3

最新スマホの購入ガイドはこちら!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
ご購入ガイドはこちら iPhone7 ケース


今すぐ予約できるケース・フィルムはこちら

iphone2017_640x100
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ