自動化アプリ『Workflow』がiPhone X対応、新機能も追加

自動化アプリ『Workflow』がiPhone X対応、新機能も追加


Appleが買収した『Workflow』がアップデートされました。このアプリでは「アクション」を組み合わせることで、iPhoneで行う作業を自動化できます。

Workflowの詳細はこちら。
iPhoneに欲しい機能は『Workflow』で自作しよう!

バージョン1.7.7で追加された機能

Workflowの開発元が発表している内容によると、以下の通りです。

  • 『iOS 11』・『iPhone X』への対応
  • iPadでアプリをまたいだドラッグ&ドロップ操作に対応
  • 「Convet Image(画像変換)」アクションが新しい画像規格の「HEIF」に対応
  • 「Encode Media(動画変換)」アクションが新しい動画規格の「HEVC」に対応
  • iOS 11の新たなヘルスケアデータに対応(インスリン放出・休息時の心拍数・歩行時の心拍数の平均など)
  • 「Get File(ファイルを指定)」・「Save File(ファイルに保存)」アクションで1度に複数のファイルを選択・保存できるようになった
  • 「Send Email(メール送信)」アクションで実行時にメール送信元が選択可能になった
  • 『OmniFocus』関連アクションをアップデート

さらに、17以上のバグや不具合が修正されました。

Appleによる買収後、新機能の提供は行わない・現在の機能を維持するためのアップデートは提供する、という方針が発表されています

来年発表されるであろうiOS 12にWorkflowが組み込まれない限り、今後もこのようなアップデートは行われるものとみられます。

© 2017 DeskConnect, Inc.

参考

What’s New – Workflow

Workflow ・販売元: DeskConnect, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 101.2 MB
・バージョン: 1.7.7
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ