iPhoneのプロセッサ不具合でAppleが訴えられる

iPhoneのプロセッサ不具合でAppleが訴えられる


最近耳にすることが多い「Meltdown」・「Spectre」というセキュリティの弱点を巡り、消費者がAppleを訴えたことが分かりました。

500万ドル超の賠償を求めた裁判に

ウェブサイト『Mac Rumors』が確認した内容によると、以下の2点からAppleに対して賠償を求める訴えが起こされました。

  • Appleは少なくとも2017年6月にはMeltdown・Spectreバグを認知していて、より迅速に公表することができたはず
  • iPhoneなどの処理能力に影響を与えず、バグの必要十分な修正は行えない可能性が高い

Appleは2018年1月に、Meltdown・SpectreバグはiPhone・iPad・Macなどに影響することを公表しています

原告によると、Meltdown・Spectreバグの必要十分な修正を行なった場合、5〜30%は性能が低下する可能性があります。

この裁判は少なくとも100人が参加する集団訴訟になり、賠償請求額は500万ドル(約5.5億円)超になる見込みです。

Meltdown・Spectreとは

プロセッサでデータを処理する際に使われる技術に問題があり、これがMeltdownやSpectreと呼ばれています。

この弱点を突くことで第三者が重要なデータにアクセスできるとされているため、Appleはこの影響を緩和するための策を講じています。

『iOS 11.2』ではMeltdownによる影響を緩和し、『iOS 11.2.2』ではSpectreによる影響を緩和する措置が取られました。ただし、完全には修正されていません。

修正で処理能力が低下する恐れも

こうした緩和策はプロセッサの処理能力に悪影響を及ぼす、と言われています。ただし、その影響の度合いについては議論があります。

Appleが行なったテストでは、Meltdown緩和策の実施前と後では処理能力に変化は見られず、Spectre緩和策では2.5%未満の能力低下が見られた、と説明されています。

一方でMelvin氏が行なったテストでは、『iOS 11.1.2』からiOS 11.2.2にアップデートしたところ、プロセッサの処理能力が40%近く低下したとされています。

ただし、原因がMeltdownやSpectreバグの緩和策にあるのかは不明で、バッテリーを交換していない『iPhone 6』での検証結果であることから、劣化バッテリーによる性能低下が原因である可能性が考えられます。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 43.9 MB
・バージョン: 2.0.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ