iPhone X Plusのパーツが流出? 6.5インチ画面が特徴


中国語圏のウェブサイト『MacX』のフォーラムに、2018年秋に発表と噂される「iPhone X Plus」の部品を撮ったとする写真が投稿されました。

6.5インチiPhoneのタッチパネル?

写真の透明なパネルが、6.5インチの有機EL画面を搭載すると噂されているiPhone X Plusの部品とされています。

パネルの下部にはフレキシブルケーブルが繋がっていて、これはタッチなどの操作を検知するパネルだと考えられます。


画像:Mac Rumors

6.5インチiPhoneは、現在の『iPhone X』に似たデザインになるものの、画面はより大きくなると考えられています。

5.8インチの有機EL画面を搭載するiPhone Xよりも大型に見えますが、比較対象がないため、正確なサイズは分かりません。

ケーブルにはApple製品で使われる部品と同じような印字があり、ここからMac Rumorsは2017年の第46週(11月中旬)に製造された部品だと指摘しています。

理由は不明ですが、この写真はフォーラムからすでに削除されています。

写真の信ぴょう性は?

この写真はベトナムのLG社の工場で撮られた、とされていますが、今年発表の新型iPhoneにはLG社が製造した有機EL画面も搭載される、と噂されています。

ただ、この写真が本当にその工場で撮影されたものなのか、本当に6.5インチiPhone用のパーツなのかは不明で、それを確認する術はありません。

ウェブサイト『9to5Mac』は、こうした写真は懐疑的に扱うべきだ、と述べている一方で、正確な予測が多いことで知られるKGI証券のMing-Chi Kuo氏の予測や、ほかの噂と特徴が一致していることも指摘しています。

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ