LINE、「トークが第三者に閲覧されている」は事実と異なると発表

lineupdv8-8-001


『LINE』の情報利用に関して、現在事実とは異なる情報が出回っていると公式ブログで情報利用に関する案内を公開しました。

公開されたページでは、案内がわかりづらかったことについてお詫びするとともに、「友だち同士のトークが第三者や当社に閲覧されている」「[トークルーム情報]が初期設定でオンになっている」という内容について事実と異なると説明しています。

LINEの情報利用について

以下の赤字の内容については事実と異なります。

友だち同士のトークが第三者や当社に閲覧されている

当社は「通信の秘密」を守る法律に則り、通信内容を厳格に保護しています。
[トークルーム情報]の設定がオンになっている場合でも、ユーザー間でやり取りしたメッセージや画像・動画の内容、通話内容を閲覧・利用することはありません。

(原文ママ)

[トークルーム情報]が初期設定でオンになっている

アップデート時、新規ユーザー登録時に同意確認を行っております。
本設定は皆さまにより良いサービス提供を行うことを目的としておりますが、同意は強制ではなく任意であり、いつでも変更いただけます。

(原文ママ)

情報利用についての補足説明

今回、誤解と混乱を招いたとして、情報利用についての補足説明がありました。

ユーザー間のトークルームにおけるプライバシー保護について

当社は電気通信事業者として届け出ており、「通信の秘密」の保護を定める電気通信事業法を遵守するため、またユーザーのプライバシー情報を扱うメッセージングアプリの責務として、 通信内容を厳格に取り扱っています。法令により認められた場合を除き、ユーザーの個別の同意なく、「通信の秘密」に該当するトークルーム内の情報を閲覧・利用することはございません。

(原文ママ)

情報利用の同意確認について

トークルーム情報の設定は、2018年1月15日以降に最新バージョンへアップデートした際、または新規ユーザー登録した際に、ポップアップにより全面表示された以下の画面で同意した方のみオンとなります。


「サービス向上のための情報利用」の同意は強制ではなく任意です。

また、同意設定はいつでもLINE上の[友だちタブ]>[設定]>[プライバシー管理]>[情報の提供]>[トークルーム情報]から変更が可能です。

案内がわかりづらかったとして、順次改善するとのことです。


ユーザー間のトークルームにおける情報利用の詳細

友だち(ユーザー)同士でやり取りしたメッセージや画像・動画の内容、通話内容を閲覧・利用することはありません。

以下、今回ユーザー間のトークルームにおいて利用する情報の対象と、利用イメージになります。

【利用する情報】
※ユーザー間の会話内容を推測する目的で利用することはありません。

  • 使用したスタンプ、絵文字、エフェクト、フィルターの種類
  • トークの相手、日時、既読、データ形式(相手に送ったコンテンツが、テキストメッセージ、画像、動画などのうち、どの形式なのかを示す情報です)、取消機能やURLへのアクセスなどの利用状況
  • 無料通話中に使用されたビデオエフェクトやフィルター(ビデオ通話時に画像に特殊効果を生じさせる機能です)、通話相手、利用日時、通話時間等の情報

【利用イメージ】

■アカウント乗っ取りなどの不正対策防止

これまで問題になっているLINEのアカウント乗っ取りやなりすましなどの不正行為において、発生時の自動検知やその後の利用停止などスムーズな対応が可能となり、さらにそのデータを分析して不正行為の低減を実現できるようになる。

■サービスの品質向上・改善

スタンプなどの利用率ランキングを出す、使用率の高いスタンプやエフェクトを上位に表示する、ユーザーの興味関心に合うと思われるコンテンツをレコメンド表示することによって、利便性、快適性、効率性、エンターテイメント性などを高めたサービス提供ができるようになる。

■より適切なコンテンツおよび広告の表示

ユーザーのそれぞれの関心にあった、より適切なコンテンツおよび広告の表示を行えるようになる。

興味関心が特にない広告や、必要性を感じない広告が表示されることがありましたが、ユーザーの情報を活用することで、より精度が上がり、必要のない広告が掲示されることによる不快感やミスマッチを減らし、それぞれの趣味関心にあったコンテンツや必要性のある広告が表示されるようになる。

トークルーム情報の設定をオンにすることで、これまで以上に品質向上・サービス改善を行うことができ、ユーザーの一人ひとりがより快適に便利にLINEを利用することが可能となると、情報利用についての協力を呼びかけています。

ただし、あくまでも同意は任意なので、対象の情報利用について判断したうえでオン/オフを設定しましょう。

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 301.6 MB
・バージョン: 8.9.0

© LINE Corporation

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ