アップル新製品発表会リアルタイムレポート。『iPhone XS』『iPhone XS Max』『iPhone XR』発表!


日本時間9月13日午前2時から始まる「Appleスペシャルイベント2018」で発表された内容を、画像と一緒にお届けします。

今回の新製品発表会では、新型iPhone3機種やApple Watch Series4などの発表が有力視されています。

この記事では公式のストリーミングと同時にリアルタイムで更新していきます。

日本語による解説が読みたい方は、ぜひ同時にチェックして楽しんでいってください。

新型iPhoneまとめ
【iPhone XS/XS Max/XR】予約開始日・価格・発売日・スペックまとめ

アップル発表会が始まりました。


ミッションインポッシブルのテーマとともにオープニングが開始。


ドアの解錠に失敗するも・・・


アップルウォッチで解決。


女性が届けたケースに入っていた無線機?を片手にティム・クックCEOが登場。


まずはアップルウォッチから紹介します。


アップルウォッチは腕時計全体でナンバーワン。アップルウォッチは腕時計を再定義しました。


アップルウォッチの次は何なのか? ジェフに紹介してもらいましょう。


通知、フィットネス、健康など機能を紹介。


アップルウォッチシリーズ4発表



すべてが新しいデザインとなり、再構築されました。


スクリーンは30%以上拡大。


でもケースのサイズは同じ。

より多くの情報をチェックできます。


ウォッチフェイスも8つまで対応。


深呼吸、ブリーズ機能をウォッチフェイスに追加


新しいウォッチフェイス「炎」、「泡」、「煙」などを追加。


デジタルクラウンを再構築。タクティクフィードバックで反応を返す。


スピーカーは50%音量アップ。


マイクの位置が反対側に。集音能力向上のため。


スマホとの通信感度も改良。

頭脳はS4搭載


2倍高速。


ジャイロスコープを搭載。


落下を計測できるように。


落下検知後はSOSを表示。1分間動かないと自動で通報。


心拍数も計測。心拍数が低いと警告。


バックグラウンドで心拍数を検知。心房細動を発見する。


背面の電気センサーで心電図を計測。


ECGを計測するはじめての家電。医師が通常使うもの。


30秒で計測できる。


医師への情報転送も可能。


全米心臓医協会のアイボー(Ivor)さん登場。


リアルタイムにデータを測定することは、診断にとても役に立つ。

心房細動時に心拍数もわかれば合併症なども見つけられる。

Apple Watch Series 4のような機器を我々は推奨します。

FDA(アメリカ食品医薬品局)の許可受けてます。


これが心電図のアプリとは思わないでしょう? 美しいですよね。


Apple Watchシリーズ4は健康の守護神となる。

個人情報は守ります。我々のものではありません。


watch OS5を搭載。

バッテリー時間、シリーズ4は18時間を約束。


GPS使用で6時間持続。

シリーズ4の紹介ムービーへ。


Apple Watchはゴールド、グレイ、シルバーカラー。


バンドは以前のものをそのまま使えます。


価格は449ドル。


シリーズ3は279ドルに値下げ。


26カ国で販売。


9月14日予約、21日発売。


watchos5は17日からダウンロード開始。


iPhoneの話。

ユーザーの98%に満足されている。


新iPhone発表。


名前はiPhone XS。


フィルに交代。


ゴールドカラー。


前面、背面ともにガラス


ゴールド、シルバー、スペースグレイ。


防水性能はIP68。


ワインやジュース、ビールで実験。


5.8インチです。iPhone 8 Plusよりも大きい。


HDR映画も見られる。HDR10対応。


iPhone XSは2サイズ。6.5インチ。


性能について。


ステレオサウンドに。


Faie IDの話。


暗号化、アルゴリズムがより高速に。


強固な認証方式です。

A12 Bionicチップ搭載。


7nmチップ。4コアGPU、6コアCPU。


gpuは50%高速化。

ニューラルエンジンは8コア。


512GBモデルに対応。


カイエンさんからの説明。


ゲームや写真について。



A12はすべてを高速化する。

ニューラルエンジンでセルフィーへのアニ文字の合成が簡単に。


新ショートカット機能の紹介。


コアMは9倍の速度で動作。


ARの描画も簡単に。


AR Quick lookに対応。


3名のディベロッパーを招待。

1人はベセスダゲームからゲームディレクター。


ゲームの紹介。タイトルは不明。Skyrim移植?



エルダー・スクロールズブレード。この秋公開。

1人はNEX TEAM。

バスケットボールを分析するアプリ。


スコアを自動検知。


リアルタイム分析が可能。


この秋提供。

1人はディレクティブゲームズ。ARの紹介。


AR kitで複数ユーザーが同じAR体験ができる。


ギャラガARというゲーム。



今年後半にARゲームシリーズを提供。

A12紹介おわり。フィルに戻します。

カメラの話。



プロも使う。iPhoneで撮影したTIMSの表紙。


iPhone XSはデュアルカメラ。新しいセンサーを採用。


前面はTrueDepth。


SmartHDRを提供。


シャッターの動作ラグはゼロに。


動いているコマのあいだのコマを演算で再現。


撮って出しの写真公開。



ポートレードモードの作例。


ボケの処理で進歩。デジ一と同じレベルのボケを再現。


f値をあとから変更して被写界深度を変えられます。



4kの動画撮影が可能。


バッテリー持続時間。iPhone Xより長く稼働。


XSは1時間半長く稼働する。


デュアルSIM対応。


XS、MaxともにDSDS対応。eSIMを使う。


2番目のsimはeSIM。秋からキャリアを増やしていく。

中国ではeSIMムリなので物理2枚。


スペック一覧。


リサイクルの話。100%再生エネルギーを達成。

部品も100%目指してます。


Apple GiveBackプログラムを採用。


どんな状態のiphoneでもリサイクル(再生可能なら再生)。

もうひとつのiphoneを紹介。


iPhone XR。


航空機材グレードのアルミを使用。

ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、コーラル、ブルーの6色。

液晶の名前はLiquid Retina。


8 Plusよりボディが小さいけど画面は大きい。


A12を搭載。

カメラはXSと同じ広角。


ポートレードモードの作例。


iPhone XRでも被写界深度の変更ができる。

バッテリー持続時間は8 plusと比べて1時間半長い。

iPhone XSとXS Maxは9月14日予約、9月21日発売。XRは10月19日予約、10月26日発売
iPhone XSは999ドルから、XS Maxは1099ドルから、XRは749ドルから。


9月17日からios 12。

Home podの話。Siriショートカット追加。


tvOS12は9月17日。macOS Mojaveは9月24日DL開始。


終了しました。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

※画像は「Apple Events」よりキャプチャしたものです

新型iPhone情報をチェック!

新型iPhoneについては、【iPhone XS/XS Max/XR】予約開始日・価格・発売日・スペックまとめをチェック!
発表会のすべての内容は、リアルタイムレポートから確認できます。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ