【ポケモンGO】グロウパンチでチャーレムが超強化! トリデプスとトロピウスの天敵!?

ポケモンGO(Pokémon GO)』に新たに追加された技である「グロウパンチ」を「チャーレム」に覚えさせた場合の使い方を紹介します(文:えだまめ)

グロウパンチはトレーナーバトルでどう使う?

今回の記事では「チャーレム」にグロウパンチを覚えさせてみました。

グロウパンチ」について詳細に紹介した別記事もございますので、そちらも是非ご覧ください!

正直、チャーレムはそこまで使用されているポケモンではありませんでしたが、「グロウパンチ」を覚えるようになり一気に大人気ポケモンに!

その人気の秘密を今回の記事で紹介しちゃいます!

チャーレムの弱点と覚える技は?

まずはチャーレムの弱点について紹介します。


弱点のタイプ 耐性を持つタイプ
・ひこう
・ゴースト
・フェアリー
・かくとう
・いわ

※太字は2重耐性

・覚える通常技(威力は対戦時のもの)

  • サイコカッター(威力3:エスパー)
  • カウンター(威力8:かくとう)

・覚えるゲージ技(威力は対戦時のもの)

  • れいとうパンチ(威力55:こおり)
  • サイコキネシス(威力100:エスパー)
  • ばくれつパンチ(威力90:かくとう)
  • グロウパンチ(威力40:かくとう)

チャーレムは「かくとう&エスパータイプ」を持つポケモンで、耐性こそ少ないものの、苦手なタイプも少なくオールマイティに戦えるのが特徴。

最大CPが1,431なので、CPの高い「アサナン」から進化させることで、育成コストを大幅に節約可能なのが嬉しいですね。

サードアタックを解放するなら何を覚えさせるべきなのか?

グロウパンチはポケモンそのものの攻撃力を上昇させる効果があります。つまりグロウパンチ以外の通常技や、スペシャルアタックの威力も上昇します。

なので、グロウパンチ以外のスペシャルアタックを使用可能にしておくことで、別タイプの技も高威力で使用可能となり、より幅広い相手への対策が可能となります。

タイプ一致の「サイコキネシス」を覚えさせるのもいいですが、筆者がおすすめするのは「れいとうパンチ」です。

こおりタイプ技である「れいとうパンチ」はもともと等倍ダメージを取れる範囲が広く、ゲージが溜まるスピードが非常に早いため、ガンガン使用することが可能。

自身の苦手とする「ひこうタイプ」のポケモンへの対策も可能になりますし、かくとうタイプ対策としてゴーストポケモンが出てきた場合も、等倍で戦うことが可能になります。

通常技はサイコカッターがいいかも?

グロウパンチがメイン技になるため、通常技は「カウンター」と思いがちですが、実は「サイコカッター」がかなりおすすめ。

同じくグロウパンチを使用してくる「かくとうタイプ」のポケモンに当たったときに大ダメージを与えやすくなりますし、「ゲンガー」「ベトベトン」といったポケモンに大ダメージを与えられるのも便利。

ゲージを貯めるのもかなり早いので、グロウパンチと組み合わせれば、ガンガン攻撃力が上がっちゃいます!

相性のいい相手ポケモンは?

サードアタックを解放してあることを前提に、スーパーリーグで相性のいい相手について考えてみました。

1体でトリデプスとトロピウスへの対策が可能

最近のスーパーリーグは「トリデプス」と「トロピウス」への対策が必須となっているのですが「グロウパンチ&れいとうパンチ」を覚えたチャーレムなら、1匹でこの2匹への対策が可能。

ただ、ひこうタイプの技で大ダメージを受けてしまうため、トロピウスを相手にする場合は、素直にシールドを使用するのが基本。

1匹で2匹分の対策が可能なことから、他のメンバーの枠を違うポケモンの対策に当てられるようになるため、より幅広い状況に対応可能なパーティを編成することにも繋がるため、勝率がぐっと上昇しますよ!

フシギバナやジュカインへの対策にも○

れいとうパンチを使用可能にしておけば、「フシギバナ」や「ジュカイン」への対策も可能となります。

ナマズン」への対策にくさタイプポケモンを1匹目に編成しているトレーナーさんがまだまだ多いので、有利に動けるシーンが増えますよ。

エアームドも怖くない

現在のスーパーリーグでは「高耐久なエアームドをどう突破するか?」を考えてパーティを編成するのが一つのポイントだったりします。

エアームドは2戦目3戦目に出てくることも多いので、攻撃力が上がった状態の「れいとうパンチ」を当てることで、そこそこ大きなダメージを与えることが可能。

本来であれば、エアームドの対策ポケモンに交代必須なシーンでも抵抗が可能というのはかなり大きく、残りの手持ちポケモンを相手に知られることなくバトルを進められるので、有利に立ち回れるシーンが増えます。

かくとうタイプに耐性があるのがミソ

チャーレムはエスパータイプを持っているため、かくとうタイプに対して耐性を持ってます。

現在のトレーナーバトルでは「グロウパンチ」を使用可能なポケモンが選出される可能性が高く、そのポケモンをどう突破するかで勝敗が別れることも。

チャーレムはグロウパンチを使用する役割と、グロウパンチポケモンへの対策という役割の2役をこなせるので、その分パーティ編成の自由度が上がります。

マリルリは苦手

いくらグロウパンチが強力でも、弱点である「フェアリータイプ」の技を使用してくる「マリルリ」は非常に苦手。

グロウパンチにもれいとうパンチにも耐性を持っているので、素直に交代させることが基本となります。

まとめ:スーパーリーグで必須の1体! 全力強化でも後悔しません!

スーパーリーグで大流行中の「トリデプス」と「トロピウス」に対して1体で対策が可能なのはかなり便利!

先日開催されていた「バトルウィーク」イベントをプレイしてれば、比較的作成も容易なので、今までチャーレムを育てていなかったトレーナーさんも、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

使ってみればその強さがきっと伝わるはず……。気がつけば限界まで強化してしまっているかも……(笑)。

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 287.4 MB
・バージョン: 1.105.2
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ