Apple、音声アシスタント『Siri』の会話分析を全世界で停止

Appleが、音声アシスタント『Siri』による会話分析を全世界で停止したと発表しました。

録音された会話データの分析を今後拒否できるように


Appleは音声アシスタント『Siri』による会話分析を、全世界で停止したことを米メディアTechCrunchへの回答で明らかにしました。

これは『Siri』に送信された会話を品質管理のため、人間が聞いていたと英メディアThe Guardianが報じたことをきっかけに起きたものです。

Appleはプライバシーを保護するために録音したデータをApple IDと紐付けず、個人の名前などを削除する匿名化処理を施していましたが、Guardianの取材を受けた内部告発者の話によると、病状に関する医師との会話や商談の内容、犯罪取引などの会話データが含まれていたとのことです。

これを受けてAppleは分析の停止を発表。今後、ソフトウェアのアップデートでユーザーが分析に参加するかどうかを選べるようにするとのことです。

分析に多くのユーザーが参加すれば『Siri』の音声認識の精度が上がりますが、一方で上述したようなプライバシーの流出もありえます。完全な匿名化が実現できないかぎり、参加するユーザーは減ると思われます。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「Apple」より

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!