Apple、日本国内の地図データを歩いて収集開始。まずは東京都から

Appleが歩行者による地図データの収集を日本国内でも開始しました。

東京都内の地図を歩いてデータ収集


Appleは歩行者による地図データの収集を開始するとApple純正マップ『Apple Maps』の公式ページで発表しました。

歩行者による地図データの収集が行われるのは次の地域です。

  • 中野区
  • 千代田区
  • 台東区
  • 品川区
  • 新宿区
  • 江東区
  • 渋谷区
  • 港区
  • 町田市

上記の地域にて、2019年9月から2019年10月にかけて歩いて地図データの収集が行われるとのことです。

歩行者による地図データの収集が行われることで、車が入れない狭い場所などでも地図情報が提供されるようになります。

日本でも『Apple Maps』がどんどん便利になりそうですね!

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「マップ – Apple(日本)」より

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!