iPhone写真から現在地(GPS)情報をうっかり公開するのを防ぐ方法。

位置情報

iPhoneから撮影した写真にはGPSの位置情報を付加することができます。iPhotoを使うとで場所単位での自動写真整理ができたりと便利な面もあります。精度もある程度ありますしね。

けれども、カメラロール内の写真から気軽にtwitter に公開している方はご注意ください。
知らないうちに、自宅やバレてはいけない場所情報付きの写真をうっかり公開することにもなるんですよ。

ということで知らないまま、うっかり公開を防ぐために、写真に付加する位置情報を ON / OFF する方法をご説明します。

場所情報の公開が気になる方や、twitter等に写真をばんばん上げる人はぜひご一読くださいね。


まず、iPhone の設定を開きます。
下にスクロールして、リセットを選択してください。

位置情報
位置情報


その中に「位置情報のリセット」という項目があるので選択します。
警告をリセットです。

位置情報
位置情報


位置情報

そして、カメラアプリを起動しましょう。
“カメラ”は現在の位置情報を利用します。よろしいですか?というアラートが表示されます。

ここで「許可しない」を選ぶことで位置情報を付加することは無くなります!安心して写真を撮りましょう。


以上です。

いったん位置情報関連すべてをリセットすると、マップやコンパスの位置情報取得を起動時に再設定することを気に留めて頂ければと思います。

簡単なのですが、いちいち設定からON/ OFFするのが面倒くさいぞ!という方のために、1ショット単位で位置情報付加の切り替えができる Cropping Camera というアプリもあります。気になる方はどうぞ!

Cropping Camera :ExifデータやGPSの位置情報を画像に埋め込むアプリ。1337

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!