[iPad] iThoughtsHD (mindmapping): iPhone版との同期も簡単!Dropboxに直接保存できる!1886

ithoughtshd


iThoughtsHDの3ポイント紹介

・11種類の形式でExport可
・Dropboxに直接保存可
・VGAアダプターで画面に出力も可能!

今のところ、iPhone版と同期できるのはこのiThoughtsHD (mindmapping) だけかなと思います(MindNodeはMac用ソフトが必要)。VGAアダプターで画面に映せるのもいいですね。

値段が高いだけあって、機能が豊富。

11種類(PDFやPNG含む)の形式で、作成したマインドマップを書き出せます。書き出す先も、メール、Wi-Fi経由のPC/Mac、Dropbox、box.netとたくさん。マインドマップ作成ツールとしてのできも、ばっちりです。

早速ご紹介していきます!


iThoughtsHD (mindmapping)

こざっぱりとした画面でいいですね。左上の本のアイコンをタップすると「Help」というファイルがあります。早速開いてみましょう。

ithoughtshd


開きました。こちらが、iThoughtsで作成できるマインドマップです。アイコンをおけたり、メモを添付できたり、多機能なことがわかると思います。

ithoughtshd


さらに、各ノードを展開するとこのようになります。今まで見てきたマインドマップ系のアプリでは一番見やすいかもしれません。

ithoughtshd


さて、それでは、左上のボタンから早速新しいマインドマップを作成してみましょう。ファイル名は「Test Map」。アイコンに虫眼鏡を設定しました。

ithoughtshd


ちなみに、ファイルに設定できるアイコンは、かなり多く用意されています。

ithoughtshd


さて、マインドマップ作成開始です!まずは、右上にある3つの「+」ボタンをそれぞれタップしてみます。

ithoughtshd


3つの「+」ボタンを説明します。左から順に、【右に新しいノード作成】【下に新しいノード作成】【左に新しいノード作成】です。

ithoughtshd


チェーンのようなボタンをタップすることで、離れた所にあるノードをつなぐことが出来ます(リンク)。

ithoughtshd


リンクについては、矢印の有無と、色を設定できます。

ithoughtshd


各ノードについては切り取り、コピー、ペースト、削除、そして整列ができます。

ithoughtshd


任意の所をタップすると使えるペースト機能を使えば、、、

ithoughtshd


こんなふうにノード・枝を複製できます!

ithoughtshd


ノードにはかなり色々な項目を設定できます。アイコン二つ、形、色、進捗度、開始日、終了日。そして左上のノートアイコンをタップして、

ithoughtshd


メモを入力することも出来ます!

ithoughtshd


左上の設定項目からできるのは、背景の変更、自動整列、色・形の継承、影の有無です。

ithoughtshd


背景は色々と変えられます。

ithoughtshd


そしてTranser機能!この機能を使うとiPhone版と同期したり、PDFやPNG、その他数々のフォーマットで書き出すことが出来ます

ここではDropboxを使ってみます。まず「Save to Dropbox」を選んでみましょう。

ithoughtshd


すると、Dropboxに保存するファイルの形式を選択する画面が表示されます。

ithoughtshd


Dropboxのフォルダを選択して「Use This Folder」をタップ!これで、Dropboxにファイルが保存されました。

ithoughtshd


Exportできるファイルの種類は全部で11個です。充実していますね。.itmで保存しておき、それをiPhone版で読み込めば、同期の実現です!

ithoughtshd


もちろん、縦でも使えます!

ithoughtshd
ithoughtshd


以上です!

iPhone版と同期できる、Dropboxへ直接保存できる・・・ひじょーーに使い勝手の良いアプリですね!!


iThoughtsHD (mindmapping)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!