mophie juice pack air™ – iPhone 4: 稼働時間を約2倍長くする魔法のようなケース。しかも超軽量!

mophie juice pack air™ - iPhone 4


パッと見、初期のG-SHOCKのような印象を持つ、このケース。iPhone向けのケースにしては分厚いですが、それはケースの中にバッテリを搭載しているから。そう、このケースはiPhoneを持ち運びながら、または使いながら快適に充電できるケースなのです!それでいながら重量はたったの70グラム!見た目・性能からは想像もできない軽さです。

メーカーによればこのケースで充電しながらiPhoneを使えば通常の1.9倍長く使えるとか。実際にテストしたところ、ほぼ同じ結果になったので信頼できる数値です。

ハードにiPhoneを使われる方にはぜひチェックして頂きたいケースです。
それでは、詳しくご紹介します。

こんなパッケージに入っています。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


ケースをチェック!

パッケージからケース本体を取り出してみました。ケース下部にはバッテリ残量を示すLEDが4つ、残量を表示させるボタンが1つ付いています。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


右側面。ケース下部にMicro-USBケーブルの挿し口があります。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


ケース上部。上部にはイヤホンと電源ボタン用の穴が空いています。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


こちらは左側面。サイレントモードの切り替えスイッチと音量調整ボタン用に穴が空いています。ケース下部にはiPhoneの充電を開始するためのスイッチがあります。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


ケース背面は明るいグレーで統一。感触はちょっとゴムっぽい感じのものになっており、ケースを持った時にすべり止めの役割を果たします。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


iPhoneをケースに入れる

iPhoneをケースに入れるには、写真のように上部をスライドさせて取り外します。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


Dockコネクタに注意しながらiPhoneをスライドさせて入れます。あとは取り外したケース上部を被せればOK。裏側にはケース上部と下部を接合する凹凸があるので、ケースを取り出す際にケース上部だけを握っても、そう簡単には分離することはありません。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


カメラ・スイッチの使い勝手は?

カメラの周りは外側に向けて広がるように穴が空いています。この為、ケースが撮影時に写り込むようなことはありません。フラッシュもケースなしの状態と同様に使えます。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


サイレントモードの切り替えスイッチと音量調整ボタンをクローズアップ。位置はぴったりと合っているのですが、ケースに厚みがあるので若干押しにくくなっています。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


mophie juice pack air™ – iPhone 4から充電する

充電する際にはiPhoneを挿して、左側面のケース下部にあるスイッチを緑になるように切り替えます。写真では赤になっており、これではiPhoneに給電されません。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


なお、mophie juice pack air™ – iPhone 4はiPhoneのバッテリの空きを確認しながら充電を行うので、スイッチを切り替えなくても100%充電されると給電は止まります。
ただ、iPhoneを起動している限りは常にバッテリは消費されるのでmophie juice pack air™ – iPhone 4からiPhoneへの給電は常に行われると考えて良いでしょう。ですので、このスイッチはこれ以上充電するつもりがない時に重宝するはずです。

mophie juice pack air™ – iPhone 4そのものも充電する必要があります。その際には付属のMicro-USBケーブルを右側面下部にある端子に挿して、もう一方はPCやiPhoneに付属するACアダプタに挿しましょう。PCに挿せばiTunesと同期もできます。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


充電中にはケース下部のLEDが光ります。4つとも常時点灯するようになったら充電は完了です。満充電までにはおよそ3時間かかり、500回まで充電が行えるとされています。この回数を超えるとバッテリの性能は徐々に低下していきます。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


気になる充電能力は?

テストは5回、行いましたが空の状態(iPhoneの画面に充電マークが表示されている)からバッテリをおよそ80%まで充電でき、充電終了まで約2時間かかりました。単純に考えればmophie juice pack air™ – iPhone 4で充電しながらiPhoneを使えば、ケースを装着していない時よりも1.8倍も長く使えることになります。

ただ、今回のテストでは機内モードには切り替えなかったものの、いっさいiPhoneを操作しませんでした。よって何らかのアプリを使いながら充電した場合では消費電力が異なるので、充電開始前の状況からバッテリの駆動時間が80%増えるとは限りません。

メーカーによればmophie juice pack air™ – iPhone 4によって、以下のように稼働時間が伸びるとしていますが、今回のテスト結果とは異なる数値もありますのであくまで参考としてご覧下さい。括弧内はiPhone 4のバッテリでの稼働時間です。

  • 待ち受け時間:最大270時間(300時間)
  • 通話時間:最大6時間(7時間)
  • 通信時間:最大5時間(6時間)
  • ビデオ再生時間:最大9時間(10時間)
  • 音楽再生時間:最大36時間(40時間)

mophie juice pack air™ – iPhone 4のバッテリでの稼働時間については以下のウェブページの記載を使わせて頂きました。

mophie juice pack air™ – iPhone 4 rechargeable backup battery case

iPhone 4のバッテリ稼働時間については以下のページの記載を使わせて頂きました。

アップル – iPhone – iPhone 4の技術仕様

電話はできる?スピーカーの音は聞こえる?

ケース下部の左右に空いている穴を通じてマイクが音を拾い、スピーカーからの音が聞こえるようになっているので問題ありません。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


ネックがあるとすれば、、、サイズ?

ご覧頂ければ分かるようにこのケースを使うとiPhoneの厚みが増します。2倍とまではいきませんが、1.5倍ほどの厚みになります。また外周部も0.5センチほど厚みが増します。

mophie juice pack air™ - iPhone 4


よってiPhoneをケースなしで使っていても大きく感じる方、特に女性ユーザーには強くオススメできるケースではありません。一方でiPhoneの厚みとバッテリ駆動時間を比べた上で後者を優先される方にはバッテリを繋ぐ事を意識せずに使える、願ってもないケースとなるはずです。


今まで紹介した iPhone 4S/4 のケースはこちら

【保存版】おすすめの iPhone 4S/4用ケース・カバーのレビューまとめ。

AppBank Storeに iPhone 4S 用ケースカテゴリーが登場!

こちらから iPhone 4S 用のケース一覧を見ることができます。
iPhone4S ケース : AppBankStore

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!