[iPhone, iPad] mSpot Music: AudioBoxのライバル。クライドに曲を保存、3G回線で楽しめる!iPhoneの容量を節約♪ 1160

注:バージョン1.3.5以前では、全角文字(漢字やひらがななど)を認識しないようです。そのため、曲名やアーティスト名に全角文字が使われている場合、その曲が同期しない不具合があるようです。この点、ご注意下さい。(ご指摘頂きありがとうございました)(mSpot側はこの問題を認識しているようです。アップデートに期待しましょう)

mSpot

クラウドに置いてある音楽を、3G回線(Wi-Fiも可)経由で聴けるアプリ、mSpot Musicをご紹介!

AudioBoxのライバルですね。(無料アカウントの容量はmSpot Musicが上!)


iPhoneに色々入れたいんだけど、容量が足りない・・・」
「パソコンに曲がたくさんありすぎて、iPhoneに入れられない・・・」

そんなお悩みのお持ちの貴方にお勧めしたいアプリがこの、mSpot Musicです!

以前ご紹介したアプリでは、AudioBoxと非常に似ています。ただし、無料アカウントの容量は、mSpot Musicが4GBも上!これはかなりの差です。

Audiogalaxy Mobileとも似ていますね。ただし、Audiogalaxy Mobileは自分のパソコンにある曲を、3G経由でiPhoneで聴けるアプリなので、細かいところは違います。

それでは、アプリの説明に加えて、mSpot Musicのパソコンへのインストール方法などを解説していきます!


mSpot Music

インストール方法 – mSpot Music

まず http://www.mspot.com/ にアクセスし、専用ソフトをパソコンにインストールしましょう。WindowsでもMacでもOKですが、今回はMacでご説明します。「Get Started」をタップすると、自動的にダウンロードが始まります。

mSpot


ダウンロードしたアプリケーションをインストールしましょう。

mSpot


インストール時に重要なのは、以下の音楽ファイルが保存されているフォルダを指定すること!多くの人は、iTunesライブラリだとは思いますが、私のように違う人は、ここで正しく設定をする必要があるのでお気を付けください。

mSpot


画面上部のツールバーに、mSpot Musicのアイコンが表示されて、Sync(同期)が始まっているハズです。同期が完了するのをひとまず待ちましょう。

mSpot


ある程度同期が進んだら・・・iPhone(iPad)のアプリを立ち上げましょう!

iPhone – mSpot Music

起動したら、Sign Inして、ログインしましょう。

mSpot
mSpot


mSpot

すると、パソコンに入っている音楽のうち、mSpot Musicのサーバーに同期されたものがずらりと表示されます。早速タップして曲を聞いてみましょう。


曲を聞くには、クラウドから一旦曲をダウンロードする必要があります。曲が流れ始めるまで少しだけ待ちましょう。また、画面下部のゲージで、どこまで曲がダウンロードされているかが視覚的にわかるようになっています。


mSpot
mSpot


mSpot

「Q+」をタップすると、クイックリストにその曲が登録されます。クリックリストとは、カンタンに登録できるプレイリストのようなものです。


曲の一覧画面でスワイプしても、「Q+」タップでクイックリストへの追加ができます。それだけはありません。雲のボタンをタップすると・・・

mSpot
mSpot


mSpot

曲がダウンロードリストに追加されます。

ダウンロードリストに曲を入れておけば、自動的にその曲がiPhoneにダウンロードされます。


このアプリには、3つのPlayslistが用意されています。Quick-List、On My Phone、Download、それぞれ解説していきます。

mSpot

まず、Quick-List。

これは、「Q+」を選択した曲が並ぶリストです。


mSpot

次に、On My Phone。

これは、iPhoneにダウンロードされた曲のリストです。ちなみに、一度ダウンロードした曲をiPhoneから削除することももちろんできます。


mSpot

最後に、Download。

ここには、雲ボタンをタップした曲が登録されるリストです。現在ダウンロード中、もしくはダウンロード待ちの曲がリストされます。(ダウンロードが終わったら、リストから除外されます。)


アルバムやアーティストで曲を検索することも可能です。

mSpot
mSpot


最後に、Moreから設定(Settings)を見ていきましょう!まず、Enable 3Gをオンにすることで、ダウンロードリストに入っている曲を、3G環境下でダウンロードしてくれるようになります。これはONにしておきましょう。

mSpot
mSpot


mSpot

Player Themeでは、背景色を設定できます。

デフォルトは、色が刻々と変化する、Rotating Colorsです。


mSpot

こちらはStorage。

iPhoneにどれだけ曲をダウンロードできるようにするかを設定できます。Streaming Onlyにすると、ダウンロードが不可になり、ストリーミングでの試聴のみになります。

iPhoneの容量をかなり確保できますが、若干、曲を聞くのに時間がかかります。


iPad – mSpot Music

iPadでも使うことが出来ます!ただし、無料版では1つのデバイスでしか同時に使えません。iPhoneでこのアプリを使っていたら、iPadでは使えないということです。(ただし、ログアウトすればOK)

mSpot


アプリのボタンの配置や機能はiPhone版と同じ。iPhone版が大きくなったようなイメージです。

mSpot


以上です!

このようなアプリがリリースされるたびに、クラウドで音楽を聴く時代になってゆくんだなあと感じます。私は音楽ファイルをだいたい200GBくらいもっていて、iPhoneには全く入り切らないんです。なのでこういうサービスには目がないんですよね。ぜひ、皆さまも活用下さい!5GBまで無料なので、まずは試すのが良いかと思います。


mSpot Music
  • 販売会社URL:mSpot, Inc.
  • 掲載時の価格:無料
  • ミュージック
  • 執筆時のバージョン: 1.3.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!