[iPad, iPhone] PubMed CLOUD: 文献情報・検索履歴などをiPhone・iPad間で同期可能。無料。

PubMedCloud


iPhone、iPadをもつPubMedユーザー全員にオススメしたいのがこのPubMed CLOUD。Webサービスと連携しているので、保存した文献情報、検索履歴、タグ情報、自作の検索式に、どこからでもアクセスできるのが魅力のアプリです。

  • 「さっき研究室で検索した論文、いまチェックしたいなぁ。」
  • 「あの論文はどんな検索で引っかかったんだっけ?」

PCで検索した文献をiPhoneで閲覧したり、iPhoneの検索履歴をiPadで見直したり、ということが簡単にできるPubMed CLOUDなら、こんなことに悩むこともなくなるというわけです。

それでは詳しくご紹介していきます。


PubMed CLOUD 1.01(無料)


iPad – PubMed CLOUD

起動したらログインします。アカウントをお持ちでない方は、ケアネット http://www.carenet.com への無料会員登録をしましょう。

PubMedCloud
PubMedCloud


起動すると立ち上がるのはこちらの画面です。まずは「検索」を使ってみましょう。

PubMedCloud


まずはスタンダードな「キーワード」検索を行います。

PubMedCloud


ずらりと検索結果が表示されました。

PubMedCloud


論文を選択すると、Published date、Journal、Author、Affiliation、Abstract、そしてNCBIとFull Textが掲載されているサイトへのリンクが表示されます。

PubMedCloud


フォルダに保存したり、(ファイルを保存するとクラウドに同期され、PCおよびiPhoneでも同期後、この論文をみられるようになります)

PubMedCloud


メール、Facebook、twitter、Evernoteに送信することが可能です。

PubMedCloud


「検索式」を作成して検索することも可能です。この検索式もクラウド経由で同期することができます。

PubMedCloud


検索式は「タイトル」をつけたら、「検索条件」と「リミット」を設定します。

PubMedCloud


検索条件では、所属や著者などのフィールドを設定します。複数設定することも可能です。

PubMedCloud


リミットでは、日付や種、言語などを限定することができます。

PubMedCloud


履歴は検索するとどんどんたまって行きます。もちろん全て同期されます。

PubMedCloud


フォルダに保存した文献はいつでもチェック可能です。

PubMedCloud


各論文に設定したタグも同期されますよ。

PubMedCloud


ちなみにこれはNCBIを閲覧している状態です。こんな感じで表示されます。

PubMedCloud


最後に設定を見ます。大切なのは「PubMed」の設定です。

PubMedCloud


検索の取得件数も重要ですが、よりEZProxyが重要ですね。必要に応じて設定してみてください。

PubMedCloud


縦で使うとこのような感じです。

PubMedCloud


iPhone – PubMed CLOUD

ユニバーサルアプリなのでiPhoneでも使えます。見やすくていい感じのアプリですね。

PubMedCloud
PubMedCloud


PubMedCloud

ばっちり検索式も同期されています。


以上です。

無料なので気になった方はぜひ!


PubMed CLOUD 1.01(無料)
iPhone アイコン
PubMed CLOUD 1.01(無料)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!