[iPhone, iPad] Pocket (Formerly Read It Later): 生まれ変わった「後で読む」アプリ。無料。


気になるWebページをまとめて後で読むことができるサービスRead it Laterの公式アプリが生まれ変わりました!

名前も変わって「Pocket (Formerly Read It Later)」となりました。旧アプリをご利用中の方はアップデート後、アプリアイコンや名前が変わります。よりグラフィカルになりましたね。

それではさっそくリニューアルしたアプリの使い方をチェックしていきましょう。

おすすめ iPhone アプリ


黒をメインカラーとしたUIからカラフルなUIへ

アプリ起動後、素早く記事タイトルを取得し記事内の動画や画像のサムネイルを表示します。

アプリ全体のイメージも、今までは黒をメインとしたシックなイメージだったのですが、カラフルでポップなイメージに変わっています。


Webサイトのスタイル情報を省いた専用ビューも少し変わりました。
文字情報だけじゃなく、画像も一緒に表示されるようになりました。


画面下にある【A】ボタンをタップすると、画面の明るさや文字サイズ、文字間隔などを調整できます。


記事の一番上にいる状態で、さらに下に引き出すと、ビューの変更ができます。
画面上の左端にある2つのボタンで【専用ビュー】と【ブラウザビュー】を切り替えれます。


ほかのアプリ連携が豊富

記事を読んでいるときに画面下に表示されているメニューの右端をタップすると、TwitterやFacebookの投稿、Evernoteの送信など他のアプリへの連携やサービスへの投稿が可能です。

このメニューは何を表示するか、自由にカスタマイズできます。
カスタマイズできる設定メニューについては、後ほどご紹介します。


一覧画面からできるスターやタグの操作

記事一覧画面で、タイトルを左右へスワイプすると、タグの設定や既読、スターの管理ができます。


まとめて記事の操作を行いたい場合は、画面右上の【鉛筆マーク】をタップします。

Editモードになり、一括既読、スター付け、削除、タグの管理ができます。


記事の種類によって見え方の切り替えができます

画面左上のボタンをタップすると、表示する記事の種類を変更できます。

各スタイルの内容は以下の通りです。

記事タイトルとサムネイル画像を表示できる【All Items】
記事タイトルと記事本文の数行、サムネイル画像が表示できる【Articles】
記事の中に動画があるものだけ抽出して見られる【Videos】
写真がメインとなった記事を取り出す【Images】


表示する記事の切り替えやアプリの設定はタイトルから

リニューアルしたアプリのタイトル【pocket】をタップすると、アプリメインメニューが表示されます。

スターをつけた記事だけ表示したり、既読の記事表示などもこちらから切り替えます。

また、アプリ自身のさまざまな設定は【Option】から行います。
連携する外部サービズの登録設定なども、ここから行います。


iPad ではFlipboardのように使えます

iPadでのUIも大きく変わりました。
自分好みの表示スタイルが選べるようになり、スタイリッシュで有名なFlipboardのようなスタイルもあります。


自分だけの新聞を読んでいるようなリニューアルに大満足です!
連携サービスにRead it Laterをお使いの方は、この機会に公式アプリを使ってみてください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Idea Shower
掲載時の価格 無料
カテゴリ ニュース
容量 6.1 MB
執筆時のバージョン 4.0.0
Pocket (Formerly Read It Later)
Pocket (Formerly Read It Later)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!