【神スキャナ】新型ScanSnap iX500は、名刺を直接iPhone/iPadに取りこめます。

スキャナから直接iPhoneに名刺を取りこめる時代になりました。

SS
SS


誰もが夢見た「スキャンして直接iPhoneに取り込む」。これがなんと、新型ScanSnap iX500で実現してしまいました。

1. 訪問先から帰社
2. ScanSnap iX500に直行
3. 名刺入れから名刺をとりだしスキャン
4. iPhoneに取り込み終了

これでOK。実際にやってみましたが、これは本当に楽!名刺の取り込みが格段に楽になりました。さっそくご紹介します。

こちらもどうぞ。

ScanSnapとiPhoneの接続方法は以下の記事をご確認下さい
【本日発売】 ScanSnap iX500の使い方。iPhone, iPadとの組み合わせで快適デジタルライフ!

名刺を用意しましょう。

SS


そしてScanSnapにセット。ここまでは従来と同じですが、、、、ここでiPhone!

SS


SS
ScanSnapとiPhoneの接続が完了していれば、アプリ右下の【Scan】が押せるはずです。

これをタップ!すると、、、


SS
ScanSnapが動き出し、名刺をどんどん読み取ってくれます。


SS
そしてほどなくスキャン終了。

ScanSnapが名刺をスキャンし終えてから、アプリに【ファイルの保存が正常に終了しました。】と表示されるまで、ほんの1・2秒しかかかりません。


SS
そしてアプリを確認すると、スキャンされたデータを確認できます。

右の青矢印をタップしてみましょう。名刺を確認できます。


スキャンされたものはこちら。しっかりスキャンされています。

SS
SS


SS
【次の方法で開く】から他のアプリで開いたり、プリントしたり、メールで送信ができます。


SS
他のアプリに転送するのもカンタン。


SS
ファイル名の変更も可能です。


設定も要確認!

SS
設定から【読み取り設定】を変更できます。


読み取りモードやファイル形式、ファイル名の変更が可能です。原稿サイズやファイルサイズの変更もできます。

SS
SS


JPEGで読み込んだり、片面読み取りにしたり。

SS
SS


SS
直接写真アルバムに保存する機能も便利ですね!


以上です。

名刺の直接スキャン、、、本当に便利です。

今までは、名刺を取り込むにはパソコン経由しかありませんでした。パソコンに取り込むには、ScanSnapをUSB経由でパソコンに接続する必要があったので、結構手間でした。それが今や…!

iX500、便利です!

取り込み用アプリはこちらです↓↓↓

おすすめ iPhone アプリ
ScanSnap Connect Application(日本語版) ・開発: PFU LIMITED
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 6.3 MB
・バージョン: 2.0.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!