[iPad, iPhone] Score Catcher Piano Edition: 弾き語り気分が味わえるコード演奏ができます。無料

J-POPをピアノでコード演奏できるScore Catcher Piano Editionのご紹介です。


最新ヒット曲から60年代の歌謡曲まで幅広く網羅した楽譜をみながらピアノでコード演奏ができるアプリです。

鍵盤を押さえて演奏する方法以外に、指一本でコードのまとめ押しができる演奏方法もあります。楽譜をみながらコード演奏をしたり、カラオケ感覚で弾き語りしてみたり…。
アーティストのように伴奏できるステキなアプリです。

さっそく使い方をご紹介します。

Score Catcher Piano Editionでのプレイ風景を動画でチェック

楽譜を探そう

さっそく【Serch】をタップして、演奏したい楽譜を探します。


楽譜の探し方は「アーティスト検索」、曲がリリースされた「年号検索」、曲タイトルなど自由な言葉を入力する「ワード検索」など様々な検索方法が用意されています。


「アーティスト検索」を使って楽譜を探してみます。まず、探しているアーティスト名の頭文字を選びます。例えば私の大好きな「B’z」は【ハ】をタップして、次に【ヒ】を選びます。


「ひ」で始まるアーティストがあいうえお順で表示されます。上下にスクロールして、目的のアーティスト名をタップします。


登録されている楽譜が一覧で表示されます。チェックしたい曲タイトルを探して曲名をタップします。


演奏してみよう

楽譜画面に進むと、曲の出だし部分の楽譜が確認できます。すべての楽譜を確認するには【pt】を使って楽譜を購入する必要があります。
購入する前に出だしで演奏テストできます。


歌詞の上に表示されている【Dm】や【Am】などが演奏コードです。歌詞は上下にスクロールして続きが確認できます。


画面にある白と黒の鍵盤をタップして演奏してもOKですが、画面右にある【指マーク】をタップしてもコードを演奏できます。上のボタンはコードを1つのボタンでまとめて押せます。下のボタンはコードを1音ずつ順番に押せます。


鍵盤を直接タップして演奏するときに便利なのは、鍵盤上にある【easy】ボタンです。このボタンを有効にすると、コード以外の鍵盤がグレーアウトし、タップできなくなります。


演奏するコードは画面左上の【next】、【prev】をタップしてい移動していきます。


楽譜の文字はS、M、Lの3段階で切り替えて表示できます。鍵盤の上にある【size】ボタンをタップすればOKです。


楽譜を買うためのポイントの購入方法

画面上にある【星マーク】をタップすると、楽譜を買うためのポイントを購入できます。


iPhoneでも遊べるユニバーサルアプリです。iPhoneで遊ぶ場合、小さな画面になるのでコードをまとめて押せる【指マーク】のボタンが大活躍しますよ。


カラオケのように歌詞を確認しながら自分のペースで演奏できます。ピアノをひいたことがない人でも簡単に演奏できるので、お気軽にお試しください。

おすすめ iPhone アプリ
Score Catcher Piano Edition ・開発: Haibis
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ミュージック
・容量: 6.2 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!